銀河六巡り (ビームコミックス)

著者 :
  • エンターブレイン
3.08
  • (1)
  • (14)
  • (28)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 183
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047277700

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 6つの短編集
    表紙の絵とデザインに一目惚れして購入しました。カバーの中までチェックしてください。絵がきれいで内容もそこそこ楽しめました。

    自分が楽しみだった話が期待外れだったのが少し残念でした。
    全体的には面白かったです。

  • 独特の世界観と画力には惹かれるものがある。
    とりとめもまとまりも無いところが良くもあり悪くもあり。

  • しらまりと共に購入。
    あのあとに読んだからか、随分読み易いというか、こっちの方が好きだ。(向こうは慣れるのにかかった)
    気合いでゲームとか強引だけど、こういうやや強引な流れが好きなのか、不可思議は日常のすぐ横に、な空気を感じてる。
    お尻カップルが好き。
    あと、蝋燭屋夫婦。

  • なんか懐かしい感じのする漫画だった。

    高橋留美子のうる星やつらあたりの初期を思わせる。

  • 装丁が奇麗で思わず表紙買いした本。
    あれ、某先生の新作なのかな?と思ったら別の人でした。
    第1話目の明月来たりてが可愛くて悶えた!
    第5話の小さな収穫も可愛いなぁ。
    第6話目の林君は個人的に島本和彦先生の主人公キャラみたいな髪型だなぁと思ったりもしましたが、どの話も読ませる勢いがあって面白かったと思います。
    長編が出るようであれば読んでみたいなぁと思います。
    70年代風の画風だけど内容はコミカルで可愛らしくてちょっとおバカな感じというのが個人的には好みでした。

  • え,コンピューターゲームを気合いで乗り切れるモノなのか。しかし,尻を触るとテレポートとはなかなか……うん新鮮だ。あ,でも胸を触るとテレポートとかなんかそんな漫画他にありそうだな。入江亜季っぽい絵に感じたが,関係あるのだろうか?

  • う~ん、表紙とオビに騙されちゃったかな…。
    勢いだけある感じ。

  • 入江亜季さんに似てるなぁ・・・と思いつつ読みました。
    これはあの人とあの人では・・・?と思う登場人物もいたり。
    ストーリーはどの話も悪くはないんだけど、何か物足りない。
    きゅーっと引き込まれる見せ場がみつからなかったかも。

    カプもえで好きだな~と思ったのは
    「蟹田の告白」(空回おチビ男子×ヤンキー女子)
    「明月来たりて」(強面男子高校生×年上美人)の2作。
    どっちも男子の方からアプローチなんだけど、女子のトキメキのリアクションが何か惜しい。
    最高の微笑みで表現・・・ちょっぴり盛り上がりに欠けました。

  •  一応本誌で読みましたが購入。明月来たりてみたいなオーソドックスなラブコメから起動下宿金剛荘みたいなギャグちっくなものまであって面白かったです。
     気に入ってるのは蟹田の告白 尻に触ると超能力が発動してテレポートってなんか昔のラブコメマンガみたいで楽しめました。

全20件中 1 - 10件を表示

銀河六巡り (ビームコミックス)のその他の作品

銀河六巡り (HARTA COMIX) Kindle版 銀河六巡り (HARTA COMIX) 高橋拡那

高橋拡那の作品

ツイートする