デキる神になりますん2 (ファミ通文庫)

著者 :
制作 : nauribon 
  • エンターブレイン
3.62
  • (2)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047281240

作品紹介・あらすじ

わたし、くらがりさまと申します。鎮守の神、まこう様との永きに渡る冷戦も雪解けを迎え、復活したわたしたちの友情パワーは今まさにストップ高なのです!この勢いで桧沢をさらに盛り立てるべく不退転の決意で-あ、親力の人じゃないですか、何か用ですか?え、お化け騒動?それも神様を騙る不届き者ですって!?わかりましたっ。再びくらがり流神コンサル術をお見せしましょう!神愛でる地で始まる神サマ更正コメディ第二幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新ジャンル,ネズ耳っ娘の登場ですよ.
    まこう様が留守にしている間に住み着いた鼠神を
    退治するとかしないとか,そういう騒動.

    しかしモッテモテですね.
    ヒキコモリ神にキツネ耳神にネズ耳神にツンデレに・・・.

    彼女らの(恋の)戦いは始まったばかりだ!

  • 夏休みが終わると深緑が居なくなっちゃうということで、おそらく続編の予定はないってことなんだろうなと推測。まあ、巻を重ねるごとに温泉街に居着く神様が増えていくのもどうかというところだし、そのほうがいいかも。
    どうも時間が足りないせいなのかどうか、設定が途中でブレたんじゃないかと思う点もあって、なんだか微妙。たとえば、カノンは読者から見たら観世音菩薩以外の何物でもないのがモロバレではあるけれど、一成はそこに気づいちゃいないということで書かれてたと思ったんだが、一朗とのやりとりの中で観音様という言葉がさらっと出ちゃってるのに驚いてないとかいうあたりをどう見るのか。
    いろいろと、人のように不完全な存在である神様(だって、日本の神様はそういうもんですから)は悩んだり迷ったりするんですが、それを全部お見通しで(だって観音ですから)ということなので、ちょっと年上キャラに設定しているんでしょうね。作者のそういうところへの愛はとっても強く感じるんだけど、まあ、話自体はそんなにおもしろいわけじゃないし、同じレーベルで魔女の絶対道徳も始めちゃったわけだしね。

  • おおはつね様可愛いなおい!!やっぱグイグイ来るヒロインっていいよね!!ネズミだから何となく整合性取れてんのが面白い!あと森田季節の神社ラブも伝わってくる作品ですね!

  • 前巻同様、ゆるゆるっと読み進められました。一成もくらがりさまも基本まったりした雰囲気出してるからかな。キレイにまとまってるけど続きはあるのだろうか。あったらこのまま神様ハーレム化する流れなのかな。まこう様他ヒロインズの可愛らしさをまだ開放しきれていない気がするからまだ続きも読みたいなぁ。

  • 打ち切りじゃないよね?ラストが……

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』(MF文庫J)にてデビュー。ほか『伊達エルフ政宗』(GA文庫)、『不戦無敵の影殺師』(ガガガ文庫)、『お前のご奉仕はその程度か?』、『クラスメイト・コレクション』(GA文庫)等。

「2018年 『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森田季節の作品

ツイートする