瓶詰の地獄 (ビームコミックス)

著者 :
  • エンターブレイン
4.03
  • (17)
  • (29)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 281
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784047281424

作品紹介・あらすじ

丸尾末広、新作短編集。
夢野久作の原作を完全漫画化した表題作から、オリジナル作『かわいそうな姉』まで

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • パノラマ島、芋虫ときたので次も乱歩物かと思いきやまさかの夢野久作!

    表題作より「かわいそうな姉」の方が好み。

    でも、昔の作品に比べるとソフトになったと思うのは自分だけ?

  • 短編4作収録。
    表題作は夢野久作の同名小説コミカライズ。
    成長した兄・太郎の顔が、どことなく写真で見る夢野久作に似ている気が。
    「かわいそうな姉」は、
    渡辺温の同名作品を元にしているのかと思ったが、読んでみたら違った。
    でも、やっぱりかわいそう(泣)

  • 初めての丸尾末広作品。ひたすら暗くうつくしい。瓶詰の地獄があまりに完璧に漫画化されているので嬉しい。

  • 夢野久作の代表作完全漫画化についに挑んだ『瓶詰の地獄』から、
    丸尾テイストが横溢する待望のオリジナル作『かわいそうな姉』まで、
    世界で彼にしか描き出すことのできない、
    猟奇と陶酔に満ちた、漆黒の物語の花束。

    どの作品も丸尾さんならでは…
    丸尾さんでなければ描けない(*0*;)☆

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「丸尾さんでなければ描けない」
      乱歩作品もの漫画化もなかなかでしたが、やっぱりコレも期待出来そうだな。。。
      「丸尾さんでなければ描けない」
      乱歩作品もの漫画化もなかなかでしたが、やっぱりコレも期待出来そうだな。。。
      2012/07/26
    • あんコさん
      >nyancomaru さん

      いかにも丸尾さんって感じの作品です(〃艸〃)
      昭和初期のほの暗さがプンプン
      ほの暗さだけでなくエロ匂いもプン...
      >nyancomaru さん

      いかにも丸尾さんって感じの作品です(〃艸〃)
      昭和初期のほの暗さがプンプン
      ほの暗さだけでなくエロ匂いもプンプン(笑)
      2012/07/26
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「いかにも丸尾さんって感じの」
      早く購入しなきゃ!
      「いかにも丸尾さんって感じの」
      早く購入しなきゃ!
      2012/07/27
  • 丸尾作品のなかで「瓶詰の地獄」のアヤ子が一番美しく見えた気がする。

    「不気味」「恐怖」「畏怖」「耽美」もろもろの、視覚でも触感でもない
    雰囲気のようなものを
    ほんとうにうまく具象するなあと思う(芋虫あたりからよく思う)。

  • 細かい所まで丁寧に描かれた絵と、苦悩の表情。
    不安と死、絶望。
    新品の本なのに古本屋のような独特な本の匂いがしてきそうな本です。

    特に表題作の瓶詰の地獄は、ちょっと引いてページを眺めても面白いです。
    その表情にドキドキします。

  • この人の作品は、原作付きのものはみんな出来がいいように思う。正直、オリジナル作品は微妙だ。「かわいそうな姉」だけいらない。薄気味悪い耽美的な絵は美しいけれど話がつまらない。この中で1番好きなのは落語の噺「黄金餅」最後の按摩さんがゾロゾロ黄金餅買いに来るシーンはゾッとするより可笑しくて笑ってしまう。よくみるとそれぞれ体型が違って芸が細かい。珍しく軽妙な話「聖アントワーヌの誘惑」も、悲惨さがコメディタッチで描かれ面白かった。

  • こういう作品が好きだけど
    周りに理解してくれる人はすくない。
    読了すると
    少女椿を手にしてしまう

  • 友達から借りて一度読んだのですが、忘れられず自分でも購入。
    表題作と「かわいそうな姉」が好きですが、「黄金餅」のようなミステリー仕立てな話も面白いなぁと思います。

    表題作は、二人が流れ着いた天国のような島が、次第に地獄へ変化してゆく描写にぞくぞくしました。「かわいそうな姉」は何度読んでも最後のページで涙してしまいます。

  • 原作を読んでからもう一回読む!

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

丸尾 末広(まるお すえひろ) 
1956年、長崎県生まれの漫画家・イラストレーター。本名:丸尾末廣。高校を中退して15歳で上京後、多くの職を遍歴したうえで、『リボンの騎士』でデビュー。
主な作品に、『少女椿』『月的美人』『笑う吸血鬼』『パノラマ島奇談』や荒俣宏『帝都物語』の挿絵など。
レトロで、幻想的で、エロティシズムを感じさせる作風は、多くの人々にインスピレーションを与えた。「ちびまる子ちゃん」のキャラクター丸尾くんは、丸尾末広からとられた。『少女椿』の主人公は、筋肉少女隊を媒介して、『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイのキャラクターデザインにも影響している。

瓶詰の地獄 (ビームコミックス)のその他の作品

丸尾末広の作品

瓶詰の地獄 (ビームコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする