おこぼれ姫と円卓の騎士 白魔の逃亡 (ビーズログ文庫)

著者 :
制作 : 起家 一子 
  • KADOKAWA
4.15
  • (10)
  • (10)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047282599

作品紹介・あらすじ

長兄フリートヘルムがクーデターを起こした!!
女王になるはずだった王女レティーツィアは、捜索の目をかいくぐり、一人逃亡することに。
先の見えない不安を抱きつつも、どうにか騎士のメルディと合流。
厳しさを増す追跡から逃れるため、【白魔】と呼ばれる山脈を越えようと考えるが……。
一方、レティの騎士デュークは、フリートヘルムに「俺の騎士になれ」と言われ!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 盛り上がってきた!!逃亡せざるを得ない状況になったレティは一人きりで逃亡先を迷っていた。それぞれの立場で、それぞれが必死に考え、それぞれが成すべきことを成していく。今までの布石がここにきて!というのが壮絶に快感。今一番盛り上がっている少女小説のシリーズですが、その波のおそらくもっともダウンなところなのに、ここからの上りがもう見えて、ものすごく盛り上がる。レティは女の子ですが、どっちかというと男性ぽいタイプなので、男性が読んでも面白いかも?と思います。とりあえず私はものすごく好きです。今後が楽しみ。

  • このシリーズはやっぱ安定の面白さ。
    ご都合主義も、ハイスペック王女サマだからよし!
    これくらいのファンタジー&ラブの配分が好きです。

  • 主君と離れていても各々考えて力を尽くすナイツオブラウンドのみんなが頼もしい!

    個人的にはクレイグに次巻はもう少し活躍の場を、と願います。

    2017.11.4

  • 10月28日読了。図書館。

  • アストリッド、頑張ったねー!よくぞ、追いついてくれた。メルディの世話、レティ一人じゃ大変よ?(笑)レティの騎士たち、彼女の思いを理解して、それぞれで動いてくれてる。彼らの頑張りとレティのこれからの交渉が上手くいきますように!

  • クーデター編好きです

  • 面白い、というか、やっと動き出したなぁって感じ。

    これ、結構話はしっかりしてるのに、何でマイナーなのかなぁ。

    アニメ化されたらちがうかな。

    フリートヘルムは結構好きなキャラなので、何とか生き残ってほしいものです。

  • 切迫した状況だけど、見えない部分が多くてやけに地味な印象…次巻のカタルシスに期待。

  • いやぁ、ひたすら耐える巻だったなあ。ゼノンにやられっぱなしは辛いよ。芋剥いてる時は憎めないイイ奴オーラだった第1王子だったのに、こうなってくると憎たらしい。別の思惑でもあるのかな。しっかし、前々から私、ずーっと言ったりしてたけど、ここの国王様って役立たず?国政仕切ってないの?なんで表舞台に出てこないの?

  • この巻で初めて自分の意思でレティは王になると決意したのだと思うと、感慨深いです(´;ω;`)
    あああ、続きが早く読みたい。彼女はまだ戦いの場に立ったばかりなのだから!

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

第13回えんため大賞≪二期≫ガールズノベルズ部門にて、「おこぼれ姫と円卓の騎士」が優秀賞を受賞し、作家デビュー。

「2019年 『茉莉花官吏伝 七 恋と嫉妬は虎よりも猛し』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おこぼれ姫と円卓の騎士 白魔の逃亡 (ビーズログ文庫)のその他の作品

石田リンネの作品

ツイートする