学校の音を聞くと懐かしくて死にたくなる

著者 : せきしろ
制作 : 飯野 ふみ 
  • エンターブレイン (2012年10月1日発売)
3.31
  • (9)
  • (11)
  • (14)
  • (7)
  • (4)
  • 本棚登録 :191
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047283282

学校の音を聞くと懐かしくて死にたくなるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 太陽光線が強くなると
    今の私では
    (ちっ!紫外線がっ…!!)
    と、老い行く体にかかる負担の事のみで頭がいっぱいになってしまうが、
    学生の頃は違った。

    眩しい光は若い人達を一層輝かせる衣となって
    海や山、街などへと導いてくれたものだ。
    毎日がハッピー♪
    いや、羨ましい事よ。

    だが、
    あまりにも輝きすぎていた思い出の日々のうち、
    光の見せた<妄想>も、何パーセントかは含まれているはず、とも思った。

    学校のチャイムは風向き次第で
    稀に家まで聞こえてくる事もある。

    教科書やノートをガタガタと机に仕舞い、
    すでに<放課後>という楽園の話で盛り上がっている生徒達。
    そのなかに私も見える。

    部活の無い日は更に天国で
    友人達と共に校庭の片隅で、
    ボールを追う憧れの男子の姿を見ながら、何時間でもおしゃべりに興じていた。

    この短編集は
    私達のおしゃべりの中から生まれて来た様だ。
    ある事、
    ない事、
    どれが嘘話で、どれが真実?
    だが、そんな小さな事は問題じゃない。
    若い人達を照らす
    光線はあまりにも強すぎて
    未だに消えない甘酸っぱくてほの暗い残像のごときショートストーリーとして胸に焼き付けられてしまい、
    例え、結末が(どんなでも)許せてしまう可愛らしさがあった。

  • たしかに面白いんだけど、短篇すぎて切り替えがしんどい。ずっと通して読むのはきつい。

  • タイトルがいい。とてもいい。
    いつになったら卒業できるのだろう?

  • ジャケ買いの失敗例。文体はいいんだけどなー。

  • あんなこと、こんなこと、あったでしょう。

    途中から「そんなバカな」と言いたくなる展開になるものもあれば、イイ感じに切なく終わることもある。実際の中高生時代も、そんなキレイに終わることばかりじゃなくて、後から考えれば消したくなったり、「オチはどこだ!」とキレたくなったり、反対に「そんなバカな」と言いたくなったり、はたまたお話のように出来すぎた展開になったり。

  • 11/6

  • 桐島、部活やめるってよとはまた違う感じで、ハイスクールデイズの余韻に浸れる。

  • せきしろさんと雪の組み合わせが好きだ。じわじわと自分のものだけでない懐かしさが染み出て来て最後の方はもうそわそわが止まらない。

  • 時々凄く共感する一文が出てくる

  • なんでもないことを無闇やたらに掘り下げる。
    他人が気にもしない事をとにかく気にし続けてみる。
    なんでもない景色に異物を差し込んでみる。
    すると、こんなに面白い。
    せきしろの視点はとても共感が湧く。強烈に共振する。
    特に共感したのは「踏み台」。
    特に笑ったのは「四天王」。
    たまらない短編集だった。

全20件中 1 - 10件を表示

せきしろの作品

学校の音を聞くと懐かしくて死にたくなるに関連する談話室の質問

学校の音を聞くと懐かしくて死にたくなるを本棚に登録しているひと

ツイートする