カゲロウデイズII -a headphone actor- (KCG文庫)

著者 :
制作 : しづ 
  • エンターブレイン
3.96
  • (117)
  • (76)
  • (84)
  • (22)
  • (0)
本棚登録 : 1203
レビュー : 73
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047283398

作品紹介・あらすじ

『カゲロウデイズ』他、投稿された楽曲の関連動画再生数が1000万を超える超人気クリエイター・じん(自然の敵P)。その本人による書き下ろしノベルの第2巻が早くも登場!全ての楽曲を繋ぐ物語はついに核心へと向けて動きだす。-これは、少年と少女の物語。あの事件のその後の話。そして、とある『過去』が明らかになる…。新世代の作家が描く、『目』を疑うような衝撃作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エネとコノハの過去話がメイン。物語に大きな動きは無く、新たな謎が浮上して次巻へ続く。どうやらそれぞれの楽曲が個人個人のエピソードを掘り下げて書く流れのように感じられた。
    こういう引きは好きな方なので読んで楽しめたが、少々読者が置いてけぼりになっているような印象。
    次巻ではメカクシ団の新たな活躍に期待したい。

  • “「なるほどね。まぁ、それにしてももう少し愛想はよくしたらいいのになぁ……まったく。あいつはアヤノちゃんみたいな子が近くにいると甘えられるし、幸せ者だね」
    そう私が言った途端、なぜかアヤノの表情が少し曇った。
    もしかして何か、言ってはいけないことを言ってしまっただろうか。
    そんなつもりはなかったのだが。
    「……いえ、私じゃダメなんです。あの子にはもっと、あの子以上にワガママであの子を引っ張って行ってくれる元気な子がいないと……。私なんていっつも後ろにくっついてるだけで、なにも出来てないですから……」
    そういうとアヤノは「エヘヘ」と頭を掻いた。いや、まてまて、アイツよりワガママなやつなんてこの世に存在しないだろう。自分勝手で、意地が悪くて、本音を隠すような、つかみどころのないやつ。……ってあれ……?”[P.140]

    「ヘッドフォンアクター」
    「夕景イエスタデイ」
    「追想フォレスト」

    キドとカノは何故遅れて来たのやら。
    学園祭話面白いなー。意外なつながりが楽しい。
    エネとコノハになっちゃった理由がまだ不鮮明だよねどきどき。

    “エネの話題が出た途端オレの目からは涙が溢れ出した。あいつは確実にさっきの痴態を忘れない。おそらくオレが墓に入るまでいじり倒すだろう。
    「やっぱり携帯の中にいるように見えるよね。ねぇ、あれどうなってるのシンタロー君。……ってなに!?なんで泣いてんの!?」
    オレの顔を覗き込んできたカノの表情には、どうみても「面白いもの見〜つけた!!」と書いてあった。本当に陰湿なやつだ。
    さり気なく背中に手を回してくるあたりも非常に気持ち悪い。”[P.183]

  • まあまあ。

  • エネと͡コノハがまだ生きている頃のお話。

  • 前半は貴音と遥の文化祭の話。後半はシンタローたちの遊園地の話。倒れた遥はどうなったのか? 貴音に何が起こったのか? シンタローの携帯の中にいるエネとの関係は?
    ほのぼのする話のが多い中、謎も色々深まってます。

  • 2017年3月15日(水)読了

  • 突如として人のパソコンに住み着いた彼女と
    あの事件その後、の短編。

    パソコンに住み着いた理由は分からずじまいですが
    彼女がどういう存在なのか、は分かりました。
    それこそ、よくあるファンタジーもの、みたいな…。
    一緒にいた彼はともかく、先生の存在が
    非常に気になります。
    マッド方面なのか、実は使命を…なのか。

    あの怒涛のありえない時間を過ごす前に
    約束していた事を実現する羽目に、な2話目。
    結局人がいい、としか涙が禁じえない最後の落ち。
    まぁあれです…約束は守りましょう?w
    守りさえしていれば、きっと最後の落ちは…w

  • 本「カゲロウデイズⅡ」人気ボカロ曲ヘッドホンアクターを基に作られた章。ゲーム女王のエネの行方は? 
    http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2015-06-07

  • 前半がエネ、コノハの過去の話。後半がメカクシ団の話。

    コノハ好きな私にとってはとても嬉しかったがまだ謎が多い。とにかくキドさん可愛かった

  • 超能力がとにかく目立つ第1巻に対し、今回の前半は第1巻以前、シンタローが中学生の時代、エネがまだ生身の高校生だった時代のお話。エネが電脳世界に取り込まれるまでが描かれます。後半は第1巻の続き、メカクシ団が遊園地に遊びに行くシーン。
    暗示に富む記載があるけど、未だにカゲロウデイズが何かは全く明らかにもされないし、登場さえもしません。そしてエネの同級生コノハの行方は?、そして担任ケンジローの正体は?貴音がエネになったのは分かったけど、なぜそうなったの?どうやって?
    謎は深まるばかりで、第3巻に進む!

全73件中 1 - 10件を表示

カゲロウデイズII -a headphone actor- (KCG文庫)のその他の作品

じんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

カゲロウデイズII -a headphone actor- (KCG文庫)に関連するまとめ

カゲロウデイズII -a headphone actor- (KCG文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする