B.A.D. 9 繭墨は人間の慟哭をただ眺める (ファミ通文庫)

著者 :
制作 : kona 
  • エンターブレイン
4.13
  • (5)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047284166

作品紹介・あらすじ

「嘆こうが悔やもうが、それが君という人間だよ」チョコレートを囓りながら繭墨あざかは言う。唐繰舞姫の足を奪い、復讐を果たした嵯峨雄介は失踪した。久々津は雄介を殺し、自身の死をもって主を守れなかった償いをするという。この憎悪の連鎖を止めなければいけない。彼が死ねば僕は一生後悔する。久々津の拷問から逃れた僕は、駆けつけた白雪の助けによって雄介の行方をつきとめるが-残酷で切なく、醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー第9弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雄介は、ヒルガオの復讐のため、舞姫の足を襲撃して遁走します。一方、彼女を守れなかったことに責任を感じた久々津は、雄介を殺して自分も死ぬことを誓い、雄介の居場所を探します。

    憎しみの応酬を断ち切るため、小田桐は2人の後を追い求めます。ところが、久々津があさとに、舞姫の足を取り戻してほしいと願っていたことが分かります。約束どおり舞姫の足は元に戻りますが、その代償として、小田桐、雄介、久々津の3人の中から一人が、彼らの前に現われた、どことなくあざかを思わせる女性に、自分の足を差し出さなければならなくなります。舞姫の足を傷つけた雄介と、彼女を守りきれなかった久々津は、ただちに自分の足を差し出そうとしますが、小田桐は声を上げることができません。

    小田桐は、他の人たちを救いたいという彼の願いが単なる自己満足でしかないことに直面させられながらも、そんなどうしようもない自分自身の姿と向き合い、そんな自分自身に踏みとどまろうとします。

    その後、女に足を奪われた雄介のために舞姫が尽力し、小田桐たちが「犬」であることに自閉しようとする久々津のもとに向かって彼を救おうとして、事件は終息を向かえることになります。

    愛する者を守れなかった雄介、自分を「犬」に貶めていた久々津、そして、中途半端に他人を救おうとする小田桐の3人が、一連の事件を通じてそれぞれ自分自身と向き合うことになるストーリーで、心理描写が過多にすぎて若干重く感じてしまったのも事実ですが、ストーリーそのものは十分に満足できる内容でした。

  • 相変わらず挿絵が苦手。
    雄介お疲れ様。

  • この作品で初めて良かったと、心底から良かったと思えたエンディングでした。
    だからこそ・・・次が恐ろしい

  • 嵯峨雄介編ラスト.勝手に行方が分からなくなった雄介を探し,久々津の復讐を文字通り体を張って止める小田桐の行動倫理に生理的な嫌悪感を感じるけど,謎のの赤い間での彼の選択がそれを物語っていて,読者がそう感じさせるよう作者の意図的なものだということが分かった.人間のえげつなさをグロテスクに表現していたシリーズだけど,だんだんとよりあからさまになってきている気がする.
    今までからすると随分と丸く収まったラスト.白雪さんがカッコよかった.

  • 個人的に☆は4.5ぐらい。
    内容は5だが、少しくどさが気になったから。
    他の方のレビューにある通り、このシリーズで珍しく泣けた。
    次は最終章のあざか編だそうで。

  • ただただ涙腺崩壊回。雄介の話。久々津の話。舞姫の話。繭さんは空気。キレイな偽善も醜い本音もただそれだけじゃない。
    雄介が笑えて良かった。

  • 雄介の話は一旦決着である。一度歪んでしまったものが戻る時、その歪みは見えない場所に存在している。根底の歪みが見えてきたようです。1巻2話目から雄介君はずっと全てを抱え込んできていたのですね。思えば9巻だ。これで、前に進めるでしょうか。

全7件中 1 - 7件を表示

B.A.D. 9 繭墨は人間の慟哭をただ眺める (ファミ通文庫)のその他の作品

綾里けいしの作品

B.A.D. 9 繭墨は人間の慟哭をただ眺める (ファミ通文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする