ぜんぶ彼女に「視」られてる?2 (ファミ通文庫)

著者 : 淺沼広太
制作 : すぶり 
  • エンターブレイン (2012年11月30日発売)
4.13
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 27人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047285057

作品紹介

八神花梨は人や物の記憶が「視」える女の子である。だが、残念なことにコミュ障な彼女は、相変わらず後藤智一に懐いていた。ある日、学校中の掲示板に怪談"白い顔の女"の写真が次々に貼られる騒ぎが起きる。なりゆきで騒動の犯人を捜すことになった智一たち。花梨の能力で一発解決と思いきや、幽霊は「視」ちゃいけない、と拒否されてしまう。その日から、花梨の様子がさらにおかしくなり-不思議可愛い少女と謎に挑む新感覚ラブコメディ第2弾。

ぜんぶ彼女に「視」られてる?2 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うまくないなー。
    写真の真相にしろ、資料盗難の真犯人にしろ、伏線の貼り方がうまくなくてカタルシスがないな。

    さらに言えば、ヒロインの心情について後書きで解説してるあたり、著者もこの作品のマズさについては理解してるんじゃないのかね。

  • 八神さん可愛かったー。  
    話の内容は途中からよく分からなくなったけど、なんとかついていけた。   
    睦月さんがなんだか可哀想に思えてきました。敗北を約束されているとはいえ、あまりにも不憫です。  
    しかし八神さんが強すぎます。可愛すぎます。どうしましょう。

全2件中 1 - 2件を表示

ぜんぶ彼女に「視」られてる?2 (ファミ通文庫)のその他の作品

淺沼広太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ぜんぶ彼女に「視」られてる?2 (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする