おこぼれ姫と円卓の騎士 皇子の決意 (ビーズログ文庫)

著者 :
制作 : ビーズログ文庫編集部  起家 一子 
  • エンターブレイン
4.06
  • (23)
  • (28)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 182
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047286429

作品紹介・あらすじ

王の専属騎士3人目の騎士が決まり、"おこぼれ姫"との評価も変わりつつある次期女王レティーツィア。そんな彼女の元に、東の凌皇国より皇女シェランが訪ねてくる。ただの諸国見聞とは思えないほど豪華な衣装をまとい、護衛はたったの1人だけ-彼女の様子を怪しむレティだったが、どうやらシェランの目的は"次期国王の花嫁"になることで!?最強女王誕生秘話(?)も明かされる第5弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 遥か東の国から押しかけ妻がやって来た!?
    と思ったら、姫は本当は皇子で、最終的にはレティの4人目の騎士になっちゃったよ^^;
    おまけに、皇子の来訪で黒い手の正体も判明!
    意外な繋がりは面白かったけど、黒い手がレティの元を離れちゃったのはちょっと残念かな。
    だいぶ手懐けてきてたから、今後も色々使い道がありそうだったのに…(笑)。

  • タイトルを見て前回亡命希望の皇子かと思っていたら全く別の国の皇子さまでした。出てきた問題を片っ端から片づけていくわけではないのがちょっとリアルでいいですね。

    恋愛要素が薄いところが気に入っています。最近の少女小説では貴重ですね。ハーレムを作るヒロインも珍しくて好きです。
    主人公がまだ恋愛どころではないので、これからどんな風に恋をするのか楽しみです。

  • 騎士にまさかの男の娘投入か?と思ったシリーズ五冊目。女装は特に趣味という訳ではなかった模様。レティの暫定ペットの正体が判明するんだが、もとの飼い主に返しちゃうのか、残念な。デュークは脇で恋ばなしてるのが精一杯の出番だったけど、表紙絵復活。絵面だけ見たら両手に華だね(笑)

  • 感想はブログにて。ネタバレ注意≫http://ututusamayouhisseki.blog.fc2.com/blog-entry-205.html

  • 女王となることを決意した、決意せざるを得なかった幼い頃のレティが今回の話の一番の見所かと
    不機嫌な獅子王格好いい

    今まで実力重視だったレティの騎士達にやっと箔が現れました
    てっきりそのまま婿候補という扱いになるのかと思ったけど期間限定の騎士という事で落ち着きましたな

    レティの婿はいつ現れるのか、騎士問題と共に興味深いです

    クレイグさんファンとしては、地味にいいところかっさらってくので今回も満足です

    追記
    過去作読み返したら第8王子が婚約者候補として話が上がっていた記述があったので、元でも婚約者候補だった男性はこれから出てきそうですな

    銀狼公が愛人候補に上がる日を楽しみにしてます(笑)

  • 前巻で登場が匂わされていたキルフ帝国の王子様ではなく、今まで影も形もなかった遠い東の国の凌皇国の王子様が登場です。

    王子様が女装してやってきて、でもその正体はすぐにいろいろばれちゃって、結果的には毛色の違う第四の騎士ができちゃいました。アストリッドとともにレティに心酔しそうで、デュークと張りあってくれたら面白いかも。

    あと、こちらも新キャラ、ウィラードも女性の好みがロリコンってのがなんともいえないですけど、ここでまた愛人王の相手が増えちゃったのかな?

    レティのペットの黒い手の正体は、寝ているレティから出ていた手とデュークとの会話?でなんとなく予想は付いてましたけど、ちょっとかわいいと思っていたので、剣に封じられたのはもったいないなって思いました。

    今回もデュークとレティの甘い話はほとんどなかったのが残念ですけど、熱が出たレティの口から漏れた、かつての婚約者の名前から、婚約者のことをこっそり調べていたり、最後に「好きな人ができた」とレティ本人に言ってたり、ちょっとずつはニヤってするときがあるんですよね。「オトキュン」の話みたいに、好き合ってるのが分かりやすい形で読めるのは、いつになるのかなぁ。

    次巻も楽しみです。

  • 王となるべくして生まれたレティの奮闘。今回は陰謀編でした。ファンタジー要素はほぼなし。レティの過去がちょっとだけ明かされたような。相変わらずレティがモーレツかっこいいです。手紙はどうするのかなーと思ったらそんなウラワザが!わかるかー(笑)。レティがかっこいい分、男性陣が地味になってしまっているのはやむをえないですなあ……敵?の方が目立ってる。もうすぐ侍女ができそうなことも言っていたので楽しみ〜。はやく次がでないかなっ。

  • 黒龍さん、お茶目でした。

    2017.10.16

  • 8月18日読了。図書館。

  • 物語の最初の方で登場した、レティが従えた謎の「黒い手」。その正体がこう繋がってくるとはね~。邪悪な物のイメージがあったけれど、言葉の代わりに手振りで伝えようとする所とかお茶目なところもあって可愛く思えてきたのに、もう出てこないのかな~。ところでレティは自分の有能さ加減は父王にも明かさないのでしょうか?明かしてバックアップしてもらえばもっと物事簡単に進むのではないかと思うのですが…。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

第13回えんため大賞≪二期≫ガールズノベルズ部門にて、「おこぼれ姫と円卓の騎士」が優秀賞を受賞し、作家デビュー。

「2019年 『茉莉花官吏伝 七 恋と嫉妬は虎よりも猛し』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おこぼれ姫と円卓の騎士 皇子の決意 (ビーズログ文庫)のその他の作品

石田リンネの作品

おこぼれ姫と円卓の騎士 皇子の決意 (ビーズログ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする