B.A.D. 10 繭墨は夢と現の境にたたずむ (ファミ通文庫)

著者 :
  • エンターブレイン
3.65
  • (2)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 98
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047286573

作品紹介・あらすじ

「胡蝶の夢」それが繭墨からのメールだった。繭墨霊能探偵事務所にはまたも退屈が満ちている。そして繭墨の限界を見計らうように依頼人は訪れた。『友人宅の水槽に人間の手が沈んでいた』『夜に土を掘る音がして眠れない』。しごく退屈な依頼を繭墨はひき受け、僕も事件が少しでも真っ当な結末になるよう走り回る。それはいつもの日常だったはずなのに-残酷で切なく、醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー、繭墨あざかの運命に迫る最終編、開幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 雄介の暴走を止め、舞姫と久々津の仲を繋ぎ止め、再び繭墨の下でたまに舞い込む凄惨な事件に関わる日々に戻った小田桐。しかし、何かが違う、どこかに違和感を抱く、何がどう不自然なのか、果たして小田桐は不思議な迷路を脱出出来るのか。
    日常に戻ったはずなのに、頻繁に現れる紅い女と巻き戻ったり、早送りされる時間。違和感を抱きながら日常を過ごす小田桐に読者も違和感を抱くという謎な展開。変だと分かっていながら、どういうことか分からなかった私は小田桐と同じで鈍感だ。そして、最後に分かる紅い女の正体。これからの展開で間違いなく小田桐はまた苦労するんだろうなと同情してしまう。

  • 終盤にかけての狂気、不気味さの盛り上がりが好感触。前巻の違和感(ラスト)も計算のうちだったのですね。

  • 「紅い女」との出会いから、ふたたび元の生活に小田桐は、これまでと同じように奇妙な依頼人たちの持ち込む仕事に対処することになります。

    まずは、手首の沈んだ水槽のある家に暮らす我妻克己(あづま・かつみ)という男の罪をあばき、毎夜土を掘る音に悩まされるという森本結奈(もりもと・ゆいな)という女性を助けます。さらに小田桐は、かつて「狐」の事件の舞台となった麗泉女学園の女子生徒・矢賀早小鳥(やがせ・ことり)が、事件の首謀者だった神宮ゆうりの模倣をしていることを知り、繭墨とともに事件の解決に乗り出します。しかし、少しずつ彼は意識がくり返し同じ出来事をたどっていることに気づくことになります。そんな彼に「紅い女」の声が届きますが、小田桐は彼女の呼びかけに応じず、そこで生じたほころびを足掛かりにして繭墨が終わることのない小田桐の夢に侵入し、彼を現実へと連れ戻すことに成功します。

    ついに「紅い女」と繭墨の対面が実現し、ここから一気にクライマックスへと突入していくのでしょうか。どのような結末を迎えることになるのか楽しみです。

  • あー、なるほど。
    しかし前巻以前の記憶がいまいち無いから良く分からん話だった。

  • あざかを主人公とした第3部スタート.必ず前巻を確認したくなるオチ.というか,今までの事件のエピソードもいろいろと登場するため,1〜9巻も手元に用意して,ちょいちょい確認しながら読み進めた.物語が進んで行くうちに,どうにもB.A.Dシリーズらしくないなという違和感が段々強くなってくるけど,それすら計算されたものっぽい.色々な意味で,転機となる巻なんだと思った.

  • ついに最終章突入。
    まだ終わってほしくないけど、早く終わりがみたい。そんな作品。

  • 終わりの始まり。この巻だけでは評価が難しいので次巻待ち!

  • 読み終えて、あわてて前巻を見返す。そうだった。
    進んでは戻り、繰り返す。巻が進むごとに繰り返しが増える。まるで新しい展開が書けないかのようにも感じてしまうが、模倣して繰り返すから意味があったのかもしれない。また繰り返しだと思っているからこそ、気がつくと取り返しのつかないところまで進んでいるのだろう。
    確かにこの雄介はまともすぎる。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

エンターブレインえんため大賞小説部門優秀賞を受賞し、『B.A.D.1 繭墨は今日もチョコレートを食べる』(ファミ通文庫)でデビュー。同作から始まる『B.A.D.』シリーズや『異世界拷問姫』(MF文庫J)を筆頭に、無二のダークファンタジー世界を築き上げている。

「2020年 『魔女の愛し仔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

綾里けいしの作品

B.A.D. 10 繭墨は夢と現の境にたたずむ (ファミ通文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする
×