わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります

著者 : ゆるりまい
  • エンターブレイン (2013年2月28日発売)
3.73
  • (99)
  • (203)
  • (168)
  • (26)
  • (5)
  • 本棚登録 :1438
  • レビュー :207
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047286832

作品紹介・あらすじ

断捨離ブログランキング1位、汚部屋脱出。

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至りますの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごい。ほんとに、なんにもない。
    キッチンに何1つモノが出ていない神業ぶり。

    私も自分の「好き」以外は容赦なく捨てる。溜めない。
    は同じだけれど、決定的に違うところが、
    「好き」が多すぎてスッキリと真っ向勝負の向こう側…。

    掃除がしやすく、ガラーンの極みのゆるりまいさんのお家。
    素敵だけれど、ここまではできない…。
    でも、たくさん学ばせてもらいました。
    それにとにかく読んでいて楽しい!!

    後先考えず捨てる「限界への挑戦」により
    「捨てのK点超え」…。
    「捨ては自分との戦い。」
    それは禅にも通ずる素晴らしさ。
    でも、やっぱりここまでは捨てられず。
    無念、私は煩悩の女…。

    でも、自分なりのスッキリ目指してがんばろう!
    片付け、掃除、キープのテンションは
    確実にがっつり上がりました。
    ゆるりまいさんありがとうー!

    • 山本 あやさん
      九月猫さん∠♡

      九月猫さんー、ふふふふふーヽ[´▽`]ノ♡
      本のことはここがじっくりまったりがっつり語れて
      いいですよねーっ[*´▽`*]

      断捨離の本でも、片づけと掃除について読んで
      改めて整頓することの奥深さを感じつつ
      私も...........シンプルな生活できません…[笑]

      好きなものだけ!
      の「好き」な物、そして絶対に捨てられない「本」が…
      本が…あぁ、捨て…られない…[´ー`;]

      なので、そこは開き直って[笑]
      できる範囲でシンプルに!を目標にがんばってます。
      でも、一向にすっきりしないのはなぜなのか…[笑]
      私の家は掃除が楽しい家!
      とかものっすごい勢いと堂々っぷりで豪語してみたい!
      .............無理!!![笑]
      2014/01/21
    • 九月猫さん
      あやさん♪

      あちらこちらと面倒くさいですよね、すみません(^▽^;)
      レビューだけに止まらずコメントも長くなりがちなので、
      こちらでもコメントさせていただくことがあると思います。
      テケトーにあしらってやってください(笑)

      本は・・・捨てられないですねー。
      処分した本を買いなおしたときに「もう本は処分しない!!」と
      決めました。
      決めましたが、そうも言ってられなくなってきた今日この頃。
      処分袋を作っては、本を入れたり出したり。←いやだから出しちゃダメだって。
      2014/01/22
    • 山本 あやさん
      九月猫さん∠♡

      九月猫さん、こんばんはー♡

      全然っ面倒じゃないどころか
      いろんなところでいろんな話題で盛り上がれて
      すごくうれしいです~[^-^]♡

      文字制限で悩まなくていい分
      ブクログさんほんといいですもんね~♪

      本の買いなおし!
      私も同じ経験から、まったく捨てられません~。
      やっぱり好きだと思った本って
      ふとした時に、あぁぁあああ今読みたい!!!
      って再読熱が上がっちゃうことありますよねー[´ロ`]屮

      処分袋をいっそ捨てちゃう!とか........。
      この本お前はちゃんと読んだのかーって
      捨ての鬼まいさんに怒られそうですね[>▽<*]
      2014/01/23
  • なるほど…と深く納得。
    人生観が変わる1冊かも。

    捨てのK点越えの感覚はなんとなく分かる。
    私は物が自分の管理できるキャパを超えると、「もう無理」と呟きながらガンガン捨て始めたりする。
    あれがもう駄目なんだよね。
    でも、要らないものと要るものの線引きが本当に難しい。
    ゆるりさんも何度も自問自答して捨ててるんだろうな。
    昔の自分や誰かのことじゃなくて、今の自分に問いかけること。これが「捨て」の極意かもしれない。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「要るものの線引きが本当に難しい。」
      私が、本を処分されて判ったコトは、代替が利くもの(図書館等で借りれる本)は処分してもOK。。。
      でも私は捨てられない派。100年経ったら、全て文化財!だと思っていますから。。。
      2014/04/17
    • takanatsuさん
      nyancomaruさん、コメントありがとうございます。
      「私が、本を処分されて判ったコトは、代替が利くもの(図書館等で借りれる本)は処分してもOK。。。」
      割り切れない何かを感じるコメント…。
      処分「して」ではなく、処分「されて」なのですね。つらい…
      「100年経ったら、全て文化財!だと思っていますから。。。」
      そうなんです!
      好きであればあるほど長生きしてほしいと願ってしまう。
      私も捨てたくなくて、捨てる以外の方法を模索しています。

      2014/04/18
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「捨てる以外の方法を模索しています。」
      フと読みたくなった時に、いつでも見ようと思えば見るコトが出来るのは、贅沢なのは重々承知していますし、読まずに積んである本が沢山残っているのも、本末転倒だと判っていますが。。。
      私も、、、置き場所は限りなく狭いので、何とかします。
      2014/04/21
  • 「2の方が先にご用意出来たのですが、
     如何なさいますか?」

    と、図書館からの連絡を受けたのだが、
    別に上下巻、ってワケじゃなし。
    「構わないです。2を先に読ませて頂きます。」
    と、返答した私。

    だが、
    読み終えて、しみじみ思った。
    (やはり、順番通りに読めばよかったな)と。

    捨て魔のまいさん。
    がら~~んとした部屋は美しく、
    余裕のある収納スペースなどは実に羨ましい限りっ!

    でも、若干のひがみも心の隅に…
    >まだ使えるものを捨てるくらいなら、最初から買わなきゃいいのに。
    >子供が出来ても、この美しさを保てるのかな?

    な~んてね♪

    ただ、最初に刊行された本書には
    何故、この様な捨て魔と化してしまったのか?
    そのワケが詳細に描かれていた。

    それを知った今では
    充分彼女の事が理解できる。
    そして、
    人とモノとの関わりを、
    2巻以上に深く考えさせられた。

  • マンガなので、あっという間に読んでしまった。

    BSで夏帆さんが出演していたドラマを観ていた時もそうだったが、これを読んだ後、物を捨てない病が伝染ってクローゼットを整理。45ℓ用ごみ袋一杯分捨てた。もっと捨てたい。

    まいちゃんと同じように、ガラーン街道まっしぐら、という訳にはいかないけれど、少し前から、自分の持ち物の適正量を把握するようにして、家の中のものを少しずつ捨てている。お気に入りのものだけとシンプルに暮らす生活を実現したい。

    巻末の「おうち拝見コーナー」は参考になる。
    脚折こたつ。買いなおす時にはこれにしよう。
    バスタオルをフェイスタオル2枚で代用。いいね。
    それにしても、キッチンのものの少なさは衝撃的。

  • ヲイヲイ!すごいのが出てきちゃったよって大笑いした本。

    世の中、断捨離だの、物を捨てたら運が回って来るだの、なんか物がない生活推奨者がにわかに増えて、これもこれで面倒くさいなって思ってたら、
    「物を捨てたい病が発症し」
    ときたか。

    ついつい「どうした、どうした」と読まずにはいられない。
    モデルルーム化した部屋はやっぱり病気にしかみえないし、掃除もはかどるわ~って言われても寒々しい部屋で苦笑いしてしまう。

    それでもこの著者が苦悩して、家族を説得して、こうなったいきさつは、昨今の片づけ本の切り口とは違って光るものがある。
    やっぱり読み終わった後に余韻が残るよね。

    シリーズ化しているようなので、また読んでみたいと思った。

  • 読むと部屋を片付けたくなる。
    片付けられない時には、今地震が起きたらどうする!?と自分に発破を掛けるのが一番効果的だということがわかりました。
    しかしこの本、電子書籍版を出してはくれないだろうか。私の部屋で一番多いのが本だから、これ以上増やしたくないんだ。

  •  ほんとになんにもないいえ!
     逆にここまで絞り込めるほど好きなものが明確であるともいえる。
     すごい。綺麗だ。

  • 汚部屋出身の作者が何にもない部屋に住むまでの過程の話。

    この本を通して学んだのは
    ・白、薄茶、濃い茶でまとめてある部屋ってすっきりしていいな→実家の自室に役立てそう!
    ・モノを捨てられない家族もモノがなくてすっきりした部屋を見ると、捨てられるようになるんだなということ。(こんまりさんも自分がモノを捨て始めてすっきりした部屋に住むと家族も整理整頓するようになったと言っていたな)

    極端にモノを減らしているので、ここまでしなくてもと思う面もあるけど、真似したい部分もあった。
    読んでいたら、モノを捨てたくなってきた…!
    捨てられるモノはどんどん捨てていきたいなぁ。

    作者のブログ
    http://nannimonaiblog.blogspot.jp/?m=1

  • ドラマを見てすっかりハマり、
    本も読みたくなり手に取ったのだけど
    思っていたより重い内容だった
    まいさんの過酷な仕事内容であったり
    おばあちゃんの認知症であったり
    意外にゆるりでもなかったのね、と
    少々ショックでした。

    でも、震災にも負けず前向きに
    新しい生活をよりよく始める
    たくましいまいさんを尊敬します。

    本当に必要なものって、なんだろう
    自分に問いかけたくなる一冊でした。

  • この方は素晴らしき変態です。本当に素敵なお住まい!しかもご家族と暮らしていて実現できるなんて。理想をあきらめない努力と他者を許容する心の両立で実現されたのかと思いました。

全207件中 1 - 10件を表示

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至りますのその他の作品

ゆるりまいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中崎 タツヤ
有効な右矢印 無効な右矢印

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至りますに関連する談話室の質問

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至りますはこんな本です

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至りますを本棚に登録しているひと

ツイートする