アンデッド先生 1年生

著者 : せともの
  • エンターブレイン (2013年6月15日発売)
3.50
  • (3)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047288911

アンデッド先生 1年生の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりに、1巻目で面白さにガッツーンと頭をブン殴ってくれる、色んな意味で衝撃的な内容の四コマ漫画に出逢えた
    自分自身の表紙や帯から中身の質の高さを見抜けた自分の『目』を褒めてやりたくなるのと同時に、こんな私好みストライクの四コマ漫画を描いてくれたせともの先生を、背骨が折れ、臓物を口から噴き出しちゃうほど、思い切り全力で抱擁して、感謝の意を示したい気分
    肝心の内容だが・・・端的に言うと、グエロイ。これはあくまで、私の造語。「グロい」と「エロい」をドッキングさせたものなんだが、読んで貰えれば納得させる自信のある造語である
    ぶっちゃけた話、面白いって事は感じ取れていたが、まさか、そっち系の内容とは思わなかったので、素直にビックリした。しかし、すぐに、表紙に目に痛いほどにショッキングなピンクが使われている理由も理解し、納得した
    とことん、アブノーマルな純愛。それを王道のストーリー展開で、しかも、四コマ漫画って言う、ある意味、不向きなスタイルで見事に描いている
    基本、肉体的なエグい表現に抵抗を感じない私にストライクって事は、逆にアウトもアウトって人はいる筈。当然、その手の人には薦められる内容じゃないが、ある程度、大丈夫な人には顔射で赤く染める勢いで、ガンガン薦めたい
    画はもうちょっと整うのを意識した方が良いかもしれないが、臓物の描き方はよく研究できている、と思う。相当、練習したに違いない
    もっとも好きなキャラは、普段なら味のあるレギュラーに興味が湧くのだが、やはり、高校生と思えないほどのSっ気とアブノーマルすぎる性癖で、大人の階段を三段飛ばしどころか、加速装置で一気にある程度、上まで行っちゃった佐木くん
    2013年8月現在で、続きが待ち遠しい四コマ漫画BEST3に食い込みました!!

  • むかしウェブで読んだ。なんか既視感あってやはりこれだったか、と懐かしいき気分に。お姉さん属性の方もどうぞ

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする