アラハバートの魔法使い ~恋をよびこむ1億ディナール!~ (ビーズログ文庫)

著者 :
制作 : サマミヤアカザ 
  • エンターブレイン
3.20
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047289680

作品紹介・あらすじ

ギルドに残ると決めたシェヘラ。しかしサディーンとの接し方が分からず、戸惑う毎日!そんな折、収穫祭の舞姫が秘宝『砂海の涙』と共に忽然と消えてしまった!!しかも現場に残された予告文からサディーンが犯人と疑われる。王位継承問題がからんでいると睨んだふたりはギルドを離れるが、その先で意外な人物と出会い…!?恋の進展ももどかしい、陰謀渦まくアラビアンファンタジー第2弾!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1巻ほどは楽しめなかったです。なんかシェヘラが何もできなさすぎて、サディーンがそこまで入れ込むのがやっぱり理解できないです。道具がないと何にもできないし。

    あと、王位継承を誰にってところですが、私的にはアフガットでよいと思いました。どこに行き着くかは分かりませんけど、アフガット、意外といい奴じゃんって感じ。

    イラストは好きなんですけど、3巻は中古かなぁ。。。

  • 彼との距離感にジレジレする前半は面白かったのだが、舞姫救出の後半は、いまいちだった。
    継承問題や、ラティーヤとクルファの問題は3巻目にもちこしで、この巻では、物足りなさあり。

    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3080.html

  • 1巻に続いて楽しくは読めたが、ちょこちょこ設定や展開など気になる点はいくつかあった。あともう一歩という感じで惜しかった。あとはサディーンのキャラが1巻に比べて幼いというか大人げなくなった気がするがまだ2巻なのでキャラ設定が安定していないと思えば許せる範囲。今回で垣間見える嫉妬やシェへラへの想いから彼なりに本気でシェへラが好きなのかなと思わせてくれたのでそこはまぁよかったと思う。次も出たら買おうかなと思うくらいには面白かった。

  • シェヘラは神殿で何してたんだろう・・・。
    元は、魔法の道具も1回しか使えなかったし、
    お父さんは、無駄に魔法を使わなかったし、、
    何してたの??
    何も出来なさ過ぎて、、、つらい。

    今までの流れ上何か出来ないとつらくない?

    例えばものすごく不器用とかはありだけど、
    それでも何か出来る事が必要だと思う。
    奇天烈な何かだけでもいいから。子供には好かれるとか。
    それが魔法といわれたらそうだけど、
    道具がないとだめな時点で、除外されるような。

    もう少し主人公としての魅力を上げたい。
    なので、いまいちサディーンがそこまで入れ込むのが
    理解しづらい。

    王様に関しては、アフガットでもいいんじゃない?
    彼をもっと人をおもいやれるようにすれば。。。

    魔法使いというだけで狙われるなら、
    お父さん捕まえたほうが早いよね。。

    ってか神殿で、魔人がいないと思われてるなら、
    本当に何してるの。。。としか言えない。

全5件中 1 - 5件を表示

アラハバートの魔法使い ~恋をよびこむ1億ディナール!~ (ビーズログ文庫)のその他の作品

仲村つばきの作品

ツイートする