シュヴァルツェスマーケン Requiem -願い- #2 (ファミ通文庫)

  • エンターブレイン
4.08
  • (5)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047290143

作品紹介・あらすじ

社会主義の理想を愛するグレーテルが、反革命的な少年カレルに知らされたのは-『帰れないふたりのために』。亡命に失敗後テオドールを救うため国家保安省の犬となったリィズ-その苛烈な3年間が明かされる『どうか、あの幸せな日々を』。仲間からの迫害に疲れ果てた范氏蘭の前に現れた人は-『笑顔の価値は』。他「黒の宣告」がグダンスクを去る前夜を描く『キルケの災厄』を含む『マブラヴオルタネイティヴ』欧州大戦の一幕を綴る短編集第2集!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 短編。主に昔話。
    共産のひどさがよく分かる本やね。

  • シュヴァルツェスマーケン、相変わらず面白い。特にこの短篇集は、本編で見えない登場人物の背景が描かれていて、ああ、あの時こういう思いだったのか…と作品理解を深めてくれる良書。

全3件中 1 - 3件を表示

吉宗鋼紀の作品

ツイートする
×