魔王殺しと偽りの勇者1 (ファミ通文庫)

著者 : 田代裕彦
制作 : ぎん太 
  • エンターブレイン (2013年8月30日発売)
3.31
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • 42人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047290945

作品紹介

"本当に"大魔王を打倒した勇者を見つけろ-王宮戦士のエレインは奇妙な命に首を傾げた。十日前、百年に一度復活すると云われた大魔王が斃された。だがそこで、四名の人物が「自分こそが大魔王を倒した勇者だ」と主張しているというのだ。さらに彼女に用意された協力者は魔族に寝返り牢に幽閉されていた不遜な青年ユーサーで…。果たしてエレインは勇者たちの嘘を暴き、真実を手繰り寄せることが出来るのか?疑惑のミステリアスファンタジー開幕。

魔王殺しと偽りの勇者1 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんというか、タイトルに魔王とついていたので戦闘があると思っていたが、そんなものはなかった。

  • 「本当に大魔王を倒した勇者を見つけろ!」
    そんな命令を受けた堅物の主人公エレイン。
    その相方に選ばれたのは魔族の青年ユーサー。
    真実を手繰り寄せることができるのか?

    ラノベにはファンタジーと言えど、コメディ担当が必要だなと強く感じました。
    ファンタジーのミステリーという分野はないジャンルでちょっと期待してたんですが、表現が固くて読むのは結構つらかったですね。
    2巻で完結のようだけどいいや。

    でも、ヒロインのエレインのポニテはご馳走様でした(笑)

全2件中 1 - 2件を表示

魔王殺しと偽りの勇者1 (ファミ通文庫)のその他の作品

田代裕彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

魔王殺しと偽りの勇者1 (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする