天眼の神子姫 吸血騎士は夜明けに誘う (ビーズログ文庫)

著者 :
制作 : トリュフ 
  • エンターブレイン
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047291553

作品紹介・あらすじ

勲章授与式にて救国の英雄・レイヴンと対面したブランシェは、彼から非難の言葉と共に口づけされそうになる。「能力の落ちた神子姫なんざ、ただの綺麗なお人形さんだ」「来ないでーっ!!」…次の瞬間、ブランシェの華麗な回し蹴りで吹っ飛ばされた英雄。後悔に沈むブランシェは後日、レイヴンが吸血鬼として処刑されたと知り衝撃を受ける。ところが彼女の前に当のレイヴンが現れて…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小野上さんの新作は神子姫様と吸血騎士の話。

    ブランシェは「天眼」という魔族の気配を察知できる能力を持つ神子姫。けれど、その能力はここ数年で衰えてきていた。そんな中、国に紛れ込んでくる魔物たちを倒し、救国の英雄として勲章を授与される式でブランシェはレイヴンと出会い激しく非難される。その上、なぜか口づけをされそうになり、思わず炸裂したのは教育係に仕込まれた回し蹴り(笑)吹っ飛ばされた英雄はその後、なぜか吸血鬼として処刑されたと聞かされ衝撃を受けるブランシェだが、なぜかその当事者であるレイヴンがブランシェの前に現れる。

    吸血鬼ものは個人的にはあまり好きではないのですが、主人公が回し蹴りでヒーローを吹っ飛ばすという出だしに惹かれ(笑)購入しました。
    読んでみたらやっぱり中身は小野上さんらしい話でした。キャラが際立ってますね。あとバトルもあり、笑いあり、恋愛はまだ1巻なので少ないですがそこは今後に期待でしょうか。
    毒舌美形教育係に仕込まれたおかげで、ブランシェはかなり強力な前向き神子姫になってます(笑)天然にも程があろうww相手役レイヴンは口と態度は悪いけれど妙に世話焼きな吸血騎士。ブランシェにけっこうあっけなく陥落した世話焼き兄ちゃん(笑)そして、毒舌教育係サーナキア。彼はいいとこ持っていきましたねwwまさかの正体、まさかのラストの展開。2転3転した彼の今後も気になります。2巻も来月発売するとのことだから買ってみようかな。イラストが若干可愛すぎるのが難点。カラーはまだいいけれどモノクロが・・・。岸田さんのイラストが良かったけどこればっかりはね・・・。

全1件中 1 - 1件を表示

天眼の神子姫 吸血騎士は夜明けに誘う (ビーズログ文庫)のその他の作品

小野上明夜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

天眼の神子姫 吸血騎士は夜明けに誘う (ビーズログ文庫)はこんな本です

ツイートする