魔女の家 エレンの日記

著者 :
  • エンターブレイン
4.33
  • (22)
  • (16)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 173
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047291713

作品紹介・あらすじ

純粋ゆえに残酷-フリーホラーゲーム『魔女の家』のはじまりに至る物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 制作者本人によるノベライズ。
    他の方も仰ってる通り文章が上手でびっくり。
    平易な言葉遣いですが、孤独な少女が狂気に追い込まれていくダークな心理描写にセンスを感じます。「信号」という単語の多用と、時代背景を考えても信号ないよね?というのがひっかかりましたが揚げ足とりでしょうか……
    街灯の存在が市民の一般知識として普及してる生活レベルなのに、狩猟は弓矢で行ってたの?など、本筋とは関係ない疑問点もありますが。
    エレンの生い立ちから悪魔との出会い、魔女の家に棲まうに至る経緯まで、原作では端折られていた説明不足の部分が、日記の体裁を借りたエレンの一人称視点で丁寧に書き綴られています。
    原作では無口無個性だったヴィオラの性格がわかる前日譚が盛り込まれてるのも好評価。本当に友達思いで心の優しい女の子ですね……エレンはその欺瞞と偽善を鋭く突いて責め立てますが、彼女の辿る運命を知ってると胸が痛みます。
    ただ一つ気になったのは、そこまでどぎつくはないですが、娘→父への近親相姦的な描写が随所にちりばめられていた点。
    私はさほど抵抗なく読めましたが、原作の魔女の家を純粋であるが故に歪んでしまった、イノセントな愛情に飢えた少女が主役の暗黒メルヘンとしてプレイした方の中には、残酷な子供と淫らで狡賢い女が同居するエレンのいやらしさに難色を示す向きもあるかな?と些か想像を逞しくしてしまいました。

    結末に一抹の救いがあるかと期待しましたがそんなものはなく、後味は悪いです。
    ですがフリーゲーム「魔女の家」を愉しめた方には自信をもってお勧めします。

    欲を言えばあっさりでもいいので後日談が知りたかったです。
    ヴィオラ父は娘の真実に気付くのか、気付かず罠に落ちてしまうのか……

  • 実況動画を見てて、気になってたので読んでみました!

    エレンとヴィオラ悪いのはどっち?って思いましたが…2人とも生きる為にしたことなのでどっちも悪くはないと思い直しました。

    また読み返したいと思える作品でした!

  • ゲーム未プレイで読みました
    表紙が好みで読み始めましたが
    結構好きな作品でした

  • この本は、病気の女の子エレンが登場します、エレンは生まれた時から病気で、誰からも愛されませんでした。愛されることを望んだエレンは、ある黒猫と出会いました。とても面白くて心に残るお話なのでぜひ読んでみて下さい。

  • 終始暗かったけど、面白かった!
    こんなに誰も救われない話って珍しい、、、

  • 正直、フリーゲームのノベライズだと侮っていました。
    ゲームと矛盾する点が読了後に見つからず、気持ちよく読めました。
    エレンの心理に着目して、テンポ良く読み進められます。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    フリーホラーゲーム史上初、ゲーム原作者による書き下ろし! 「魔女の家」のはじまりに至る物語。

    病気がもとで父と母に見放された7歳の少女“エレン"。両親を×したエレンは、逃げ出した先の路地裏で一匹の悪魔と出会う。
    「エレン。君に“家"をあげるよ」
    悪魔に誘われるまま、エレンは森の奥深くにある家で“魔女"として暮らし始めるが――。

    大人気フリーホラーゲーム「魔女の家」の衝撃的なラストに通ずるすべての真相がここに解き明かされる。
    愛されることを望んだ魔女“エレン"と、愛されて育った人間の少女“ヴィオラ"。
    二人の出会い、そして結末とは?
    ゲーム原作者、ふみー氏自らの筆により語られるゲーム本編へ通ずる前日譚。

    【キーワード】
    単行本・ホラー・ノベルゲーム


    +++2+5
    ++1

  • エレンの過去の物語。
    ゲームでのイメージを壊さず読める本だと感じました。
    ハッピーエンドではないです。
    でも、何故こうなってしまったのか、エレンとはどんな人物なのか、あの黒猫はなんなのか。
    気になる方には是非読んでいただきたい一冊です。

  • ※ゲームは未プレイ
    (自力クリアする自信まったくないです(;´∀`))
    ※実況動画で全ED視聴してから読みました。

    魔女の家のオープニングに繋がる物語。
    ゲーム視聴時は救いのない悪意だらけのホラーという認識でした。
    読了後の後味はあまり良いものではなかったです。
    救いは生じないけれど、彼女たちの行動の理由を知ることで。彼女たちへの印象は多少変わるかもしれない。
    苦しんでいる彼女が精一杯生きようとする物語。
    そんな気がします。
    理解は出来ないけれど、部分的には共感するところもあるのかもしれない。そんな思いさえ生まれてしまいます。

    視聴後の「ひたすらに怖い」気持ちが、
    「そういうことだったのか~」って変わりました。

  • 魔女エレンの物語。
    ゲーム本編に至る話なので、読んでからまたゲームをしてみるのもよしでした。

全13件中 1 - 10件を表示

ふみーの作品

魔女の家 エレンの日記を本棚に登録しているひと

ツイートする