千代の春に風花舞う かりそめ夫婦に祝福の門出! (ビーズログ文庫)

著者 :
  • エンターブレイン
3.33
  • (2)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047291973

作品紹介・あらすじ

鬼の伐叉羅と許嫁の演技をしながら退魔を続ける"白羽姫"の未雲。ある日、魔物探索中に逃げこんだ伐叉羅の隠れ家で、彼が消えた五年前の秘密を知ることに。だけどそれはあまりにも危険な秘密だった!!おまけに鬼を敵対視する鷺宮の命で、未雲の兄・士狼が目付役としてやってきて…二人の嘘がバレる?色恋沙汰とは一生無縁と逃げてきた未雲もついに年貢の納めどき!?和風退魔物語、終幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2巻完結。
    許婚のふりでドギマギしながら、伐叉羅の過去にからんだ魔物退治の展開。
    かなり奥手で自分の気持ちから逃げる未雲でしたが、後半急接近。
    話は面白かったし、それなりにジレキュンなのだが、ノリつっこみと、アクションが多く、恋の切なさと甘さをエグッて欲しいナとは思った。
    鬼の彼との関係をもっと突き詰めたり、雪間と静生の結ばれない愛という美味しい部分もあったのに、表面的で残念。
    話は良かったのに、私の琴線までもう少し。

    紫逃げ切れ。あの兄はあなどれないぞ。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3261.html

  • 前巻はそれなりに面白かったのに、ここで失速。あまりにもつまらなくて、途中からすっ飛ばしてラストだけ読んで終わらせた。何故?

  • シリーズ2冊目にして完結です。

    【ネタばれ感想あり】

    …ええーーー!?
    全2巻で完結ですか!?
    もっと続いて欲しいです!!!!
    折角、鈍かった未雲が自分の気持ちに気付き伐叉羅と両想いになって2人だけの仮祝言を挙げて、「さあ、これから全国に散らばった魔物討伐に向かおう!」という所で終わりなんて…!
    1〜2巻を【都編】として、次巻から新章でいいじゃないですか…。
    2人がいちゃラブしながら旅をして魔物退治をする話が読みたかったです。
    魅力的なヒロインとヒーローだったので、これにて完結と思うと残念でなりません…。(;▽;)
    P75の「…俺は男だ。それに同意はできない」という伐叉羅の本音には男気を感じました(笑)。

    ラストで伐叉羅が未雲と一緒に民衆の前で舞うシーンは、彼が未雲と一緒なら陽の世界で生きていけるという暗示で感動しました。

全3件中 1 - 3件を表示

緑川愛彩の作品

ツイートする