オーバーロード5 王国の漢たち [上]

著者 :
制作 : so-bin 
  • KADOKAWA/エンターブレイン
3.94
  • (15)
  • (48)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 261
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047292598

作品紹介・あらすじ

リ・エスティーゼ王国は、裏社会を牛耳る巨大組織「八本指」の脅威にさらされていた。その時、この国で己を全うする男たちが躍動する。アインズの命をうけ、情報収集の目的で王国に潜入した鋼の執事・セバス。"黄金"王女に忠誠を誓うも、己の弱さに苛立つ日々をおくる熱き兵士・クライム。圧倒的強者を目にし、抜け殻状態で王都に戻ってきた武の求道者・ブレイン。崩壊寸前の王国を舞台に三人の男たちがそれぞれの信念を胸に裏組織と対峙する!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 彼に与えられた任務からしたら、筋が違うのかもしれないけど、アインズさんが考えている目的からすると、最善の選択をしているセバスさん。
    ただ、他のメンバーの性質的に、なかなか分かってはもらえないのね。
    トップの理念がなかなか伝わらないのは困りものだけど、もともとの存在の性質が真逆なんだろうな。
    トップは頑張らないとね…。

  • (上下巻共通)
    セバス大活躍。
    バトラーネタ好き大喜びじゃないでしょうかね。(^^;
    主人公が自分の属していた世界ではないからとはいえ、結構エグいことを平気でするようなところが目立つシリーズですが、今回なんか、戦場になった街は本当に可哀想な感じですよね。(^^;
    ナザリックのレギュラーメンバーが出てくるのがちょっと遅めでしたが、冒険者のキャラクターが良かったので、それはそれで良しとしましょう。
    もっと、派手な活躍も見たいところではありましたが。

  • コーヒーブレイク本。

    大魔法使い「アインズ・ウール・ゴウン」の命をうけ、王国に潜入した鋼の執事・セバスと、リ・エスティーゼ王国の裏社会を牛耳る組織「八本指」謎の激闘(?)をつずった、ダークファンタジー小説の第5巻(2013/12発行)。

  • 「いまだ一人だからかな……」
     アインズは寂しげに笑った。
     もちろん、心を持ったNPCがいるのに、一人などというのは彼らに悪いだろう。ただ、こうも思うのだ。守護者たちの望む、アインズ・ウール・ゴウン、至高の四十一人のまとめ役を演じるために、鈴木悟を殺しているのかもしれない、と。
    (P.138)

  • 視点が王国のひとたちに向いていて面白かったな。
    セバスさんの特異性も浮き彫りになった感。
    困難を乗り越えるのが楽しいんだよなあ。

  • えっ、ちょっとセバスさん!どうしたの?なんなの?!と、首を傾げる回でした。でも彼を作ったマスターも素晴らしい。
    忘れてたけどブレインさん、シャルティアのことむちゃくちゃ記憶してるし、ここで繋がって良かった…のかな?
    あまり笑いの部分がない巻だった気はしますが、ようやくセバスの強さが分かって一安心。でも変な敵が増えてハラハラ。

  • シリーズ第五作目。
    自らの弱さに苦悩しつつも、忠誠の対象である王女ラナーのために働くクライム。
    アインズの命令により、リ・エスティーゼ王国の王都内で情報収集するセバス。
    シャルティアに惨敗し腑抜け状態で敗走してきたブレイン。

    ある日セバスが瀕死の女性を救ったことで問題が発生し、そして三人は裏社会を
    牛耳る組織『八本指』に共に立ち向かうことになり…


    まず感じたこと。「また風呂敷が広げられたなー」
    前作のリザードマン編同様、アインズの直接の活躍は無し。
    今後のアインズの活躍の凄さを引き立たせるために用意されたような話。

    ただし!それが面白い。
    王国戦士長であるガゼフやガゼフに匹敵するブレインには遠く及ばず、
    才能すらないが、そのひたむきさにより自らを成長させるクライムの姿は
    こういう物語では普通は主人公だよなー。
    彼の葛藤もしっかりと描かれているし、セバスやブレインに出逢ったことで
    「もしかして覚醒するのか?」なんて期待も出てきたりして。

    さてさて、次作は王国編の下。
    本気で逆襲してくる八本指との戦いはどう展開するのか。
    そして、セバスの行く末は・・・?

  • 初の上下巻。
    2巻辺りから出番がなかったセバスが主役。
    確か囮的な役割もあったのかな。

    王国なので当然ガゼフがいて、噂の黄金の王女様、側近のクライム、2巻でシャルティアに負けたブレインなど、男の登場人物が多い。
    まあサブタイトル王国の漢たちだしね。

    街中でたまたまセバス、クライム、ブレインが一緒になり、娼婦を助けるため娼館を潰して終わり。

  • 10/末読了

  • アインズ様お金(外貨)がない!!と困ってるけどソレは置いといて(笑)
    王都に蔓延る巨大裏組織《八本指》。
    セバスがゴミ袋に入れられ捨てられた女性を拾った事から
    八本指に目を付けられるが……。

    シャルティアの強さに恐怖、
    抜け殻のようなってしまったブレイン。
    悲惨な生活の頃、リ・エスティーゼ王国ラナー王女に拾われ
    忠誠と恩義と恋心を抱いてる兵士クライム。
    ソリュシャンお嬢様とその執事として
    王都に潜入しているセバス。
    この3人が9月3日に交わる時、物語がまた一歩進む(。+・`ω・´)キリッ 
    この交わり具合が凄い!!

全17件中 1 - 10件を表示

オーバーロード5 王国の漢たち [上]のその他の作品

丸山くがねの作品

オーバーロード5 王国の漢たち [上]を本棚に登録しているひと

ツイートする