ハルタ 2013-NOVEMBER volume 9 (ビームコミックス)

  • 20人登録
  • 4.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • エンターブレイン (2013年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (652ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047292727

ハルタ 2013-NOVEMBER volume 9 (ビームコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『坂本ですが?』トリュビートBOOKと坂本分度器、応募者全プレの応募のために購入。
    初読み。内容濃く充実した読み応え感あり。

  •  なんだか華麗なる吸血鬼一族みたいな表紙のハルタ9月号。読み切り多め、連載陣もどちらかといえばステップ多めの布陣でした。

     ハルタ読切。今号はハルタ初体験の人に優しくと銘打って読切多めでした。しかし、読切といっても不思議の国のバードやかささぎ卿と骨などシリーズ化となっているものも多いので普段ハルタを購読している人も安心のできでした。特に不思議の国のバードは前作が載ったときとても気に入ったので今回も見れたのは良かった。他に百名哲先生や大武先生などの同じみの顔もありましたしね。ハルタの読切というとページ数多めのものから今回のソイ・プードルのようにショート系も入り混じってあの手この手で攻めてきますが、新人多めなので個人的には楽しいです。安定した連載作家さんの読切作はそれはそれで面白いですが、やはり読切は新人の腕試し感がよく伝わってくるので好きなんです。またFellows!Qシリーズみたいにハルタでも同じようなことやってほしいです。

     おぉイケメンよ永遠なれ。乱と灰色の世界、カプチーノ、乙嫁語りなどひとまずの決着を見せた作品もありました。鳳太郎、アゼルのハルタイケメンの断固たる決意はこうこみ上げてくるものがありますね。ブサイクやおっさんの悪あがきも好きなんですが、こういた男たちのクライマックス場面もミュージカルみたいで好きです。カプチーノの萩原くんはいまの受け身姿勢がもっと崩れてからが勝負かな。かぶき伊佐の八代目のように芸に生き、芸に殺された男のような世界がこれからもハルタにはあって欲しいですな。

     いつの間にか、次号で2013年最終号ですね。次回はほとんどの連載作品が載る合併号。1年の締めくくりに相応しい作品が多いといいな。次号予告ではソラミミがなんか青春くさくて良さそう気配を醸し出しています。

全2件中 1 - 2件を表示

森薫の作品

ハルタ 2013-NOVEMBER volume 9 (ビームコミックス)はこんなマンガです

ツイートする