シュヴァルツェスマーケン 6 儼たる相剋の嚮後に (ファミ通文庫)

  • エンターブレイン
4.42
  • (7)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047292970

作品紹介・あらすじ

リィズの裏切りで第666戦術機中隊は壊滅した。逃亡したテオドールとカティアは反体制派と合流し、国家保安省を倒すべくハイム少将に協力を仰ぐ。だが、反国家保安省の象徴となるアイリスディーナが捕われた今、国民を味方にする術は無かった…。と、誰もが絶望したそのとき、カティアの決意が最後の希望を点す!そして反対制派による反撃が開始されるが-。大人気ゲーム『マブラヴオルタネイティヴ』の物語より一八年前。欧州大戦を描く第6弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 妹の話がやっとカタついた。
    次こそは西側もちゃんと参加してほしいわ。

  • 星5では足りないくらい面白かった。
    第666中隊の凄まじい運命に、最初から最後まで惹き込まれる。
    政治、戦争、人間心理…あまりに重厚。このレベルの作品はなかなか無い。

    6巻を読む人は、間違いなく5巻まで読んでいるとは思うが、
    別に出ている短篇集(Requiem #1, #2)、特に#2は必読。
    6巻の後で読み返すのもまた感慨深いかもしれないが、
    ここまで来ると、読まないという選択肢はないだろう。

全3件中 1 - 3件を表示

吉宗鋼紀の作品

ツイートする
×