B.A.D. 12 繭墨は自らの運命に微笑む (ファミ通文庫)

著者 :
  • エンターブレイン
3.92
  • (3)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047293243

作品紹介・あらすじ

「小田桐君、何故、内臓は落下するんだと思う?」再び内臓落下事件が起きた。いつかどこかで見た怪異を、繭墨は紅い女の罠だと言い、反撃の切っ掛けになるかもしれないと涼やかに笑った。最近の繭墨はなんだかいつもの彼女らしくない。人の死を嗤い、不幸を悦び、惨劇を望む最低で最悪な少女。それでも僕は彼女の力がなければ生きられず、だからこそ救わねばならないはずだったのに…。残酷で切なく、醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー第12弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小田桐の腹の中で成長する雨香が、しだいに「鬼」の本性をあらわしていきます。一方あさとは、あいかわらずの態度で小田桐の心を揺さぶり続けます。

    他方、雄介は「紅い女」との最後の戦いに向けて、唐繰舞姫に協力を執りつけ、さらに一時は戦いの舞台から手を引くという決断をおこなった水無瀬家も、白雪の小田桐に対する想いを変えることはできず、ふたたび助力を申し出ることになります。こうして小田桐たちは手筈を整えて「紅い女」との戦いにそなえますが、そんな彼らの思いとは裏腹に、繭墨はすべてを終わらせるための決断をくだすことを心に決めていました。

    展開としては分かりやすいのですが、これまでのところ、「狐」の事件の結末と少しかぶっているような印象もあります。もっとも、愚直なほど自分の生き方を変えようとしない主人公らしいとも言えそうですが。とまれ、最終巻でどのような結末が描かれることになるのか、見届けることにしたいと思います。

  • どうやって雨香を腹に戻していたのかずっと気になってたけど、そうやって戻すのか。というか、雨香をポジティブに利用したのって、初めてな気がする。これまでの歪な関係を経ての、一致団結というのは、このシリーズのクライマックスらしい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

エンターブレインえんため大賞小説部門優秀賞を受賞し、『B.A.D.1 繭墨は今日もチョコレートを食べる』(ファミ通文庫)でデビュー。同作から始まる『B.A.D.』シリーズや『異世界拷問姫』(MF文庫J)を筆頭に、無二のダークファンタジー世界を築き上げている。

「2020年 『魔女の愛し仔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

綾里けいしの作品

ツイートする
×