ハクメイとミコチ 2巻 (ビームコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA/エンターブレイン
4.63
  • (133)
  • (61)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 840
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047293946

作品紹介・あらすじ

昨日は森の喫茶店へ。今日は川辺で魚釣り。じゃあ明日は、岩山へ行って山菜摘みだ!  身長9センチメートルのハクメイとミコチ。自然に抱かれたふたりの毎日は、いつも豊かで賑やかです。漫画誌ハルタで話題沸騰、森で暮らす小人たちの日常劇、待望の最新刊。人気キャラクター“鰯谷親方”、“コンジュ”、“セン”の再登場はもちろん、個性的な新キャラが続々登場。さらに、沼狸のバス、レモンのお酒、卵の形の美容院、木陰のハンモック、ブドウパンのサンドイッチなど魅力的なアイテムも多数描かれ、森の世界がより一層の広がりを見せる! 1話ごとの描き下ろしコラム「足下の歩き方」に加え、『Fellows!(Q) 2012-AUTUMN』の表紙イラスト&カバー・ストーリーをまとめた特別篇も収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この漫画に悪い人は居ない,ゆったりと幸せの時間が流れる世界。なんどでも読み返してしまう。今の時代にきっと必要な漫画。

  • まったりできる。

    子どもの頃は世界がこんなふうに、みえてたんだろーなって思ったりした。
    今は大きく感じない大したことないもんでも大きく見えたり。世界は違って見えてたんだろーなと。

  • 待ちに待った新刊!
    やっぱりこの世界が大好きだと思う。エピソードが積み重なるに従って世界に深みが増すせいか、1巻よりもストーリー性があって面白かった。
    特に好きなのがセンに洋服を作る話。最初は遠慮半分戸惑い半分だったセンが最後出来上がった洋服を一人で着てみるシーンがとてもよい。人間関係ってこうやって少しずつ少しずつ深くなっていくものなんだよなぁと思う。
    新キャラたちも皆キャラが立っていてとてもよい。特に美容師は面白すぎる!たまご型の家のデザインも何とも言えず可愛らしい。ベリーショートのハクメイも可愛かった。
    1巻に引き続きハクメイとミコチの関係がとても好き。お互いすごく理解し合っていて、それでいて依存していない所がとてもよい。こういう友情に憧れる。


    読み終わってはい終了!じゃなくて、寝る前なんかに何度も何度も読み返してしまう、そんな漫画。

  • 疲れた時にホッと一息、そんな時に読むのにピッタリの本。手作り感溢れる日々に充実が感じられ、可愛らしいキャラクター達に頬を緩める。

  • 樫木祐人氏の作品『ハクメイとミコチ』の1巻から2巻まで読了。

  • ハクメイとミコチ、二人の日常生活は、2巻になって、また新たな個性が見られて、面白いです。

    ハクメイは、元気さに加えて、冷静に物事を観ることができる一面があります。この巻は、特に多いですね。ミコチが時間を忘れて夢中になってしまった時に、ひと声かけたり、美容師のジャダが仕事モードに入ったことに気付いたり、自分の仕事に於いては、自信のないところは、はっきりわきまえつつも、こうした方が良いと独自の意見を提示出来る、冷静さもあります。

    ミコチは、凝り性の性格が面白いです。最初は戸惑っていたセンが、最終的には気に入ったのも、それだけ、ひたむきに取り組んでいるミコチの姿勢がそうさせたのだと思います。冷静でしっかりしているだけに、そのギャップが可愛いです。

    また、この巻は、ややハクメイメインな感じもあって、彼女の印象的なシーンがいくつかありました。
    まず、上記したジャダにカットしてもらった、新しい髪型は本当に可愛いので、必見です。また、大工組合の会長ナライから感謝されたときの、ハクメイの姿には、ホロリとしました。ハクメイは努力家でもあるのです。

    とは言いつつも、やはり、ふたり一緒の掛け合いも健在です。オロシに対して、一緒に立ち向かう絆の強さや、渡りネズミに対する、さりげない優しさも、ふたりの掛け合いで生み出されていて、読んでて、気持ちが温かくなりました。やはり、物語の内容が素敵なんですよね。1巻で登場したイワシやコンジュ(彼女はチョイ役だけど、必見です)も健在です。

    1巻もそうでしたが、表紙のカラー絵や目次のリレー式の絵が、細かくて綺麗で可愛いらしくて好きです。それに加えて、この巻は、一部カラーの特別編が最後に収録されているので、もう大満足ですね。

  • 癒し系コミック。
    あんな世界に行きたい・・・。

  • やっぱり、ハクメイって女の子なんだー。なーんだー。渋い親方がいいね。

  • 遏ウ蝙」菫ョ蠕ゥ縺ァ蜃コ縺ヲ縺上k隕ェ譁ケ繧ょ魂雎。豺ア縺九▲縺溘¢縺ゥ縲√Δ繝偵き繝ウ謗ィ縺励?鄒主ョケ蟶ォ繧ク繝」繝?縺後>縺?↑縺ゅ?よー励↓蜈・繧翫∪縺励◆縲

  • ふたりはいつも、自然といっしょ。動物たちもいっしょ。 昨日は森の喫茶店へ。今日は川辺で魚釣り。じゃあ明日は、岩山へ行って山菜摘みだ! 身長9センチメートルのハクメイとミコチ。自然に抱かれたふたりの毎日は、いつも豊かで賑やかです。(Amazon紹介より)

全45件中 1 - 10件を表示

樫木祐人の作品

ハクメイとミコチ 2巻 (ビームコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×