作品紹介・あらすじ

題に沿った"あるある"を詩で綴る、哀愁と頬笑の共感文学。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 芸人、漫画家、小説家、アーティスト……。
    言葉の名手たちが紡ぐ‘あるある’な景色、、、本書帯より

    豪華メンバーのTwitter大喜利みたいな本。
    いろんな‘共感’を感じられる、かもしれない。
    詩の読み手によって分かる分からないが激しくて、私は星野源さんの詩にはあんまり共感しませんでした。好きなのにー。

    お題・学校
    【ゲロスパイラル】

    お題・音楽
    【アーティスト】

    逆にお名前ははじめて知ったのですが、おおっと思ったのが大橋裕之さん。

    お題・お金
    【お札の顔になった人のことを 毎回ちゃんと 理解してあげられない】

    お題・徹夜
    【NHKで流れる 珍しい動物の生態に くぎづけになる】

    お題・時代
    【たまに もしかしたら一人くらい 江戸時代から生きてる人が いるかもしれないと思う】

    まあ、共感なんて、出来ても出来なくてもどっちでもいいんですけどね。皆違う人間だもの。
    だからこそ共感できたときの喜びもひとしおなんですね。

    2020年10月10日にもこのイベントのライブ配信(観覧はチケット販売終了)があるそうですよ〜。

  • RG、めっちゃ好き。

  • ただただ笑いながら共感。
    メンツも絶妙。

  • 完全に乗り遅れ、過去動画も見つからないので活字で追う。

  • 星野さんの句が読みたくて読んだけど、笑うところはほぼRGでした。光浦さんもたまに。アンガ田中も。星野さんはボケてもおしゃれなんだな。キュン。なんやかんやで残念ながら自分がRG好きなことを再確認しただけのような、いやでも、あ、この作家さんの本読んでみよとか、この芸人意外とおもろいやん、とかそーいう発見があったので良かったです。

  • イベントの内容をそのまま載っけたものなら買わずに済ませたい、と思ってほったらかしていたのを思い出してもう1年が経っている。
    とはいえ1回目を観に行っただけなのだが、ロビーに飾られていた色紙の写メの日付がもう4年前で鬱になる。顧問の俵さんは来なかった。RGめっちゃおもろいということに気付いた貴重なイベントであった。幕間のトークがいかしてた。せきしろさん元気かな。

  • いいなと思う人は大体一緒だな。

  • 清野とおるさんと西加奈子さんが面白い。

  • 短歌だと思ってたら、共感詩と言うらしい。

    「好きな音楽、何?」という言葉のわずかな緊張感ー西加奈子

    徹夜して昼寝して夕方プラスマイナス0ー西村賢太

    「変身遅くなって申し訳ございませnn」もう寝ろー西加奈子

    キヨスクのおばちゃんうっすら起こっているー豊本明長

    キヨスクのオバチャンの出すお釣りがくいぎみー有野晋哉

    「人数分テキトーに買ってきて」のテキトーが僕には重過ぎるー大橋裕之

    お願いだから本音の部分で服屋さんと似合っているかを話したいー桃野陽介

    たまにいる「いくらなんでも老い過ぎだろ」っていう老人ー清野とおる

    探してるページにはページ数が書いてないしその周辺にもないー大橋裕之

  • 思った感じとちょっと違った。
    まぁ、面白いものもあるにはあったんだけど。

全15件中 1 - 10件を表示

阿諏訪泰義の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
いとう せいこう
西 加奈子
西 加奈子
星野 源
星野 源
西 加奈子
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×