五色の舟 (ビームコミックス)

  • KADOKAWA/エンターブレイン
4.15
  • (59)
  • (60)
  • (23)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 530
感想 : 50
  • Amazon.co.jp ・マンガ (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047295476

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  津原泰水という作家の、同名小説の漫画化でした。近藤ようこさんは坂口安吾とか、小説のコミカライズがお好きですが、原作も読まずに言ううのは何ですが「近藤ようこワールド」で、納得しました。
     マア、詳しくは、くどくどとブログとかに書いています。お読みいただければ嬉しいですね。
       https://plaza.rakuten.co.jp/simakumakun/diary/202108050000/

  • 原作未読なるも、家族が不意に買ってきたので読む。
    近藤作品は割と好きなので、スルッと入り込めた。

    第二次世界大戦末期の西日本で、
    血の繋がらない疑似家族が見世物で生計を立てている。
    一家の主は
    未来を予言する、牛と人のハイブリッド「くだん」を
    買い取ろうとするが……。

    無惨な世の中に抜け殻を置いて、
    幸福な別の時空に足場を移す=「舟」を乗り換える、
    という発想が凄い。
    悲しいし、切ないけれど、
    夢でも幻でも仮初めでも、彼らが幸せなら、
    そちらの世界が永遠に続けばいいと思った。

  • 津村泰水・原作、近藤よう子・漫画。

    第二次世界大戦終盤の日本。
    不思議な一座が旅をする。
    或る者は両脚がなく、或る者は侏儒。或る者は半身を失った片割れで、或る者は関節が逆についた脚を持つ。或る者は両手を持たず、聾唖である。
    血のつながらない彼らは「家族」として暮らし、見世物興行で糊口をしのぐ。
    彼らの住処は粗末な舟。
    ありあわせのとりどりの色の布で覆われた五色の舟に、異形の五人が暮らしていた。

    「父」であり、かつての名女形である雪之助は、あるとき、「くだん」の化け物が生まれたという噂を聞く。
    人と牛のあいのこであるその化け物は、牛だけれども人の顔を持ち、過去のことも未来のことも、本当のことしか言わない。それを一座に加えて一儲けすれば、皆の生活も安定するだろう。そう決心した父に連れられ、一行は「くだん」を買い付けようと、その地、岩国へと向かう。

    「くだん」とは本当に未来を知ることができるものなのか?
    彼らは「くだん」を手に入れることができるのだろうか?
    予知能力を持つ「くだん」を求めているのは彼らだけではなかった。
    もう少しのところで彼らは「くだん」を手に入れそこなうが、聾唖の和郎はちらりと「くだん」を見かける。
    その日から、彼は不思議な夢を見るようになる。

    幻想的、耽美的な一編である。
    「くだん」の持つ不思議な力に導かれ、彼らは「皆が幸せになれる世界」に向かう。

    「くだん」が予言した「恐るべき爆弾」は落ちたのか。それとも落ちなかったのか。
    此方か、彼方か。
    どちらが真実の世界なのか。

    すべての業苦から解き放たれた夢のような世界。
    しかし襤褸の小舟は追憶の中で五色の光を放つ。

    郷愁と妖しさ。夢のような虚しさを秘めた幻想譚。

  •  近藤ようこが津原泰水の短編小説をマンガ化した『五色の舟』(ビームコミックス/842円)を読んだ。

     例によって、「漫棚通信ブログ版」さんがホメていたので買ってみたもの。ま、私はもともと近藤ようこのファンだし……。

     これを読むのに先立って、津原泰水の原作(短篇集『11 eleven』所収)も読んでみた。津原の短編の中でも、際立って評価の高い一編なのだそうだ。

     私は原作も面白く読んだが、比べてみればこのマンガ版のほうがよいと思った。原作を凌駕している見事なコミカライズである。

     「あとがき」によれば、「五色の舟」のマンガ化を望んだのは近藤のほうだったそうだ。たしかに、この原作と近藤の作風は相性バツグンだと思う。

     本作の舞台となるのは戦時中だが、テイストとしてはむしろ、近藤が得意とする中世もののマンガに近い。
     中世は、「人ならぬ異形のもの」が現実の中にまぎれこんでいても不思議ではない時代であった。だからこそ、人面牛身の怪物「くだん」が重要なキャラクターとなるこの幻想譚は、近藤によってマンガ化されるのがふさわしい。

     『水鏡綺譚』や『美(いつく)しの首』など、近藤の幻想的な中世ものマンガが好きな人なら、本作の作品世界にもすんなり入り込めるだろう。主人公の1人・桜のキャラ造形は、ほとんど『水鏡綺譚』の鏡子そのまんまだし。

     生まれつきの奇形や病気による欠損をもつ、男3人・女2人の見世物一座が主人公である。彼ら異形の者たちが擬似家族を構成している……という設定がまた、どことなく中世っぽい。

     近藤のマンガ化はおおむね原作に忠実だが、原作読者にも改変を意識させない細部のアレンジが随所に施されており、それがバツグンにうまい。
     また、原作を読んだだけではなかなかイメージしにくい、異形のキャラクターの造形も素晴らしい。とくに「くだん」の造形は、今後「くだん」をイメージするときにはまずこれが思い浮かぶだろう、と思わせる自然さだ。

     これがたとえば花輪和一や丸尾末広によるマンガ化だったなら、見世物一座の5人も「くだん」も、もっとグロテスクな造形になっただろう。近藤ようこのシンプルな絵柄だからこそ、グロテスクになる一歩手前で踏みとどまることができたのだ。むしろ、エロティックで儚い美しさに満ちたキャラ造形である。

     「小説のマンガ化」の傑作というと、私に思い浮かぶのは『餓狼伝』(夢枕獏→谷口ジロー)、『陰陽師』(夢枕獏→岡野玲子)、『パノラマ島綺譚』(江戸川乱歩→丸尾末広)、『老人賭博』(松尾スズキ→すぎむらしんいち)あたりだが、本作もそれらに勝るとも劣らない。

  • 戦時中の広島を背景に描かれる、見世物小屋で生計を立てる旅一座の物語。
    一座の各員は、身体の一部が欠損していたりして哀しい生い立ちを背負うものも多い。
    彼らは互いに血の繋がりはなくとも家族として互いに強く結び付いており、悲壮感は感じられません。
    淡々と静かに描かれる彼らの姿は、とても純粋で愛おしささえ感じられます。

    一座の中心の「父」は、あらゆる未来を見通す「くだん」と呼ばれる人面牛の噂を聞きつけ、一座に加えようと岩国へと向かう。
    広島を襲う悲惨な未来を淡々と語る「くだん」。
    その運命を避けるための方法を「くだん」は語り、物語は大きく動きだします...

    優れた原作と近藤ようこの魅力が見事に調和した結果、大変な傑作が生まれたように感じます。
    近藤ようこの、独特のリズム感と、空間・余白の使い方の上手さは本作でも健在です。
    無駄をそぎ落とした1コマ1コマは、読み手の想像力を刺激し、時にハッとするような美しさを放っています。

    読了後に冒頭のカラーページを読み直したところ、初めて意味が繋がり、心臓を掴まれたかのような切ない感情に襲われました。
    自分にとっては忘れられない作品となりそうです。
    1人でも多くの方がこの傑作を読まれる事を願っています。

  • まさに奇蹟の一冊。みんな言ってるけど、津原泰水のあの原作をビジュアル化してしまうなんて。ひとつひとつの場面は思い描きやすいが、それをつないでいくことは不可能と思っていた。
    そして生まれたものは原作を離れ新たな神話となる。産業奨励館のある風景の美しさよ。

  • キャサリン・ダンの『異形の愛』とは
    土着が違うけど、同じように
    人の情愛とか家族愛を感じさせる。

    蔑まれ好奇の目にさらされながらも
    家族として生きていく異形の人たち。

    原作がすごく読みたくなった。
    知らなかった津原泰水作品。

    映像化にしても良いと思うが
    なかなか、この日本では難しいかな。

  • 分かっていたことだけどかなしかった…

    たぶん原作を読んだことがあって、でもわたしの拙い想像力とは違う味わいがある
    近藤さんの漫画は初めて読みましたが、なんだかふしぎでした。
    もっとグロテスクでもいい話で、だけどわりとさっぱりした感じがあって、
    和郎くんもさっぱりしていて、それによって一層 ふわっ としたかなしみがあるような…

    それで原作とはやっぱり読後感は少し違うんだけど、それでも読書に近い手応えの漫画でした。

  • 必読。ただその一言です。

    名手・津原泰水の手になる短篇「五色の舟」(短篇集『11』所収)、そのコミカライズですね。
    見世物一座の少年、和郎を語り部とする本作は、原作からして傑作といえるものでした。津原泰水一流の高密度な文体を見事に視覚化した本書もまた、原作に勝るとも劣らない素晴らしいものです。

    いずれも何かしらの欠損を抱えながら、互いに「家族」として日々を過ごす見世物一座の人々。彼らが出会う、未来を予言するという化生「くだん」。そして和郎が見る「五色の舟」の夢……あくまで静かに語られる物語の末に和郎たち家族が迎える運命は、幸福でいながら喪失感に満ちています。

    わけても終盤のモノローグ、そして最後に描かれる俯瞰の構図はあまりにも切ない。和郎と、彼の半身ともいえる少女・桜のやり取りが強く胸に迫ります。

    とにかく読め、としかいえない一作。是非。

  • Oh!津原泰水

全50件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1957年新潟市生まれ。漫画家。国学院大学文学部卒。大学在学中にデビュー。「見晴らしガ丘にて」で第15回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。折ロ民俗学や中世文学への造詣が深く、安吾や漱石作品の漫画化にも取り組む。作品は「水鏡綺譚」「説経小栗判官」「ルームメイツ」「恋スル古事記」「戦争と一人の女」「死者の書」「夢十夜」ほか多数。第18回文化庁メディア芸術祭大賞受賞。

「2021年 『兄帰る 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

近藤ようこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×