でこぼこガーリッシュ 3巻 (ビームコミックス)

著者 : 原鮎美
  • KADOKAWA/エンターブレイン (2014年8月11日発売)
4.06
  • (7)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :80
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (124ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047298514

でこぼこガーリッシュ 3巻 (ビームコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ああ~とうとう読み終わってしまった。
    面白いのに! すごくすごく面白いのに~
    続きは、「織子とナッツン」です。(^o^

  • Z4

  •  長身で男前の女子大生と、小学生にしか見えない二十歳の女子大生2人と、愉快な仲間たちの日常ギャグマンガ。
     2人で旅行とかいいな。
     それにしても、ナッツンの食欲…(笑)。

  • 勢い余ってついつい全巻買い。
    4コマ好きなので非常に楽しかったです。

    同じネタの繰り返しかな?と思ってましたが、新しい人間関係も増えて行き、まだまだ先が楽しみ。

  • 身長差があるのに、なのか、身長差があるからこそ、なのか、織子さんと夏生ちゃんが仲良いのは?
    内容は、いつも通り、帯に書かれてある通りで、女子大生が高校生に負けないよう、青春を送っている感じ
    あくまで、私だけかも知れないが、この『でこぼこガーリッシュ』は絵柄がネタを活かしている感が他の四コマ漫画より強い、と思っている。この絵柄だからこそ、ネタを三割増しで面白く感じる。これは、ももせたまみ先生や氏家ト全先生の作品にも感じている
    この巻でも、新キャラが登場し、賑やかさと可笑しさを強め、織子さんと夏生ちゃんの友情ストーリーを更に眩しくしている
    また、この四コマ漫画は、二人のほっこりした日常で読み手を癒しつつも、岬さんと二ノ宮先パイ、織子さんと九条君、夏生ちゃんと桜先生、三者三様の色恋模様にハラハラさせてくるので油断ならない
    高校生より、色んな意味で経験を積んでいるのに、中々くっつけない男女もいるんだな、としみじみ感じ、全員を温かく見守りたくなる
    次巻からは、四コマ漫画形式からストーリー形式になるよう
    ちょっと残念ではあるが、楽しみでもある

  • 二人にイイ人の話題が……! でも変わらず兄妹みたいな友達同士だ。

  • うーん安定感

全7件中 1 - 7件を表示

でこぼこガーリッシュ 3巻 (ビームコミックス)のその他の作品

原鮎美の作品

ツイートする