ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA/エンターブレイン
4.30
  • (505)
  • (380)
  • (145)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 3637
レビュー : 309
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047301535

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 獲る、食べる、生きる。

  • 妹より。

    なんだか... あんまり美味しそうに思えない。ごめんなさい、ゲテモノ食いに見えた(+_+)

  • あれやこれやをさばいて食べるので若干はキモい。
    ただ全体的には読みやすい作品ナリ。
    ファンタジー設定の裏側を楽しめて良い。

  • ダンジョンで飯を作って行く漫画
    設定とか面白いけど一冊も読めば特に興奮する展開があるわけでもないので次巻読もうかなという気にはならない。

  • 冒険者が挑む、地下深いダンジョン。そこに潜むモンスターたちは、一体どんな味がするの...!?
    スライムやバジリスク、マンドラゴラなど、多種多様なモンスターを美味しく食べる、レシピ付き迷宮グルメガイド。

  • 面白くなくはないのですが、私はあんまりはまらなかったです。絵があんまり上手じゃないからかな。

  • 妙なものを食わせる性癖。ポップだが業が深い

  • 現在3巻。
    地下迷宮の宝を求めて冒険する隊のライオスたち。
    ドラゴンに喰われた妹を助けるために再び冒険を再開するが、今回は前回の失敗の一つ、食糧不足を補うために迷宮の中にある物を食べながら行こうと…。
    ファンタジーで出てくるモンスターなどをおいしく調理して食べる料理ものでもある。

    モンスターを食べたいライオスとそれをいやいや食べる仲間たちの掛け合いがおもしろい。

  • 実際のRPGでもそうできればアイテムなくなる心配をしなくてもすむのに。。

  • 初めて読みの作家さん。絵柄もよかったし、何より「モンスターを食べる」か〜w妹さんは心配だけどあのペースでは溶けるのでは…あとライオスはだいぶヤバイ(笑)

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)のその他の作品

九井諒子の作品

ツイートする