ハクメイとミコチ 3巻 (ビームコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA/エンターブレイン
4.51
  • (90)
  • (52)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 656
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047301542

作品紹介・あらすじ

身長9センチメートルの楽しい生活を描く人気作、最新刊。森で暮らすハクメイとミコチ。穏やかな毎日、だけどたまには事件も起きる……! 友達のコンジュが誘拐されたり。雨の日に意外なお客がやって来たり。
大まじめに戦争ごっこしたり! 魅力的な新キャラが続々現れ、ふたりの世界が大きく広がる第3巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  今回もかわいかった~。
     ミミさんの失敗写真、よかった。うるっときてしまったぜ。

  • キャラはかわいいし、食べ物は美味しそうだし、風は気持ち良さそうだし、人混みと雑踏の賑やかさは楽しい。
    値切り交渉ってお客さんが凄く欲しくて気に入ってる場合、店員も気前よく応じれるよね。
    個人的には、サイズに見合った繊維の太さ、液体の表面張力、力学的なダイナミズムなどの面白さが欲しいけど、そう言った事を要求する野暮で作者の自由な想像を陰らせたくもない。

  • 樫木祐人氏の作品『ハクメイとミコチ』の3巻を読了。

  • 今回は、コミックス全体の半分を占める中編、「長い一日」が収録されています。いつもの短編とは、また違ったハクミコの活躍と魅力が見られる物語は楽しいですね。蜂蜜館を舞台に、古参と新参がコンジュのコンサートを巡って、対立(?)するのですが、そんな中、ハクミコは、最初こそシリアスな感じだけど、だんだん楽しんでいるようにも見えるくらい、物語の中心に入り込んでいきます。ハクメイは度胸あるし、ミコチはレシピ作りで皆を盛り上げるし、やっぱり、いいコンビなんですよね。また、対立する古参の「旋毛丸」や、二代目の主人「ヒガキ」等、他のキャラも、性格、設定がしっかりしていて、物語が面白いこそ、最後のコンサートが、より盛り上がるんてすよね。ファンタジーの世界観だけど、現実と全く違和感ない温かい下町の感じ。美味しいお酒と食べ物をいただく皆の描写が、見ていて楽しいです。
    その他、イワシを連れて町に出て、休みを楽しむ話は、ミコチのヴィンテージ服好きが微笑ましいし、カヌレの話は、蜂の「シグレ」が味のあるキャラで好きです。もちろん、スズミとケイトの姉弟コンビも、姉弟ならではの距離感が妙にリアルで、面白い。
    ハクミコは、脇役含めて、本当にキャラクターの設定が、しっかりしてると思います。だから、世界観が嘘っぽくないというか、物語の世界に入り込んじゃうんですよね。最後の、写真家の「ミミ」の話のオチも、二人の優しさ、温かさがよく出ていると思います。本当にいい話だ。

  • ほんと、ハクメイとミコチのなれそめが気になる。

  • Good!

  • 大きな森で起こる、小さな事件。 身長9センチメートルの楽しい生活を描く人気作、最新刊! 森で暮らすハクメイとミコチ。穏やかな毎日、だけどたまには事件も起きる……! 友達のコンジュが誘拐されたり。雨の日に意外なお客がやって来たり。 大まじめに戦争ごっこしたり! 魅力的な新キャラが続々現れ、ふたりの世界が大きく広がる第3巻。(Amazon紹介より)

  • うさぎ(多分)のミミさんが可愛くてたまらない。

  • 【あらすじ】
    身長9センチメートルの楽しい生活を描く人気作、最新刊! 森で暮らすハクメイとミコチ。穏やかな毎日、だけどたまには事件も起きる……! 友達のコンジュが誘拐されたり。雨の日に意外なお客がやって来たり。大まじめに戦争ごっこしたり! 魅力的な新キャラが続々現れ、ふたりの世界が大きく広がる第3巻。

    【感想】

  • 電子書籍。初の長編が入ってました。なんでもありの無法地帯『蜂蜜館』に住む人々、古参VS新参にハクメイたちも巻き込まれ… なお話なんだけど、殺伐さはなくてなんだかんだとみんな楽しんでるなぁと思えるw ハクメイとミコチ、イワシさんとの休日のお話が好き♪ 出てくる料理がマジで美味しそう! カヌレ食べたい!

全32件中 1 - 10件を表示

樫木祐人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハクメイとミコチ 3巻 (ビームコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×