賢者の孫 常識破りの新入生 (ファミ通文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/エンターブレイン
3.64
  • (4)
  • (12)
  • (7)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 145
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047305861

作品紹介・あらすじ

事故で死んだはずの青年が、赤ん坊の姿で異世界に転生!そして救国の英雄「賢者」マーリン・ウォルフォードに拾われた彼は、シンと名付けられる。孫として育てられたシンはマーリンの技術を吸収し、驚くべき力を習得するのだが、十五歳となった時に祖父は言った「常識を教えるの忘れとった」!かくして常識と友達を得るためアールスハイド高等魔法学院に入学するシンだったが-。"規格外"な少年の型破り異世界ファンタジーライフ、ここに開幕!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • う~んまあまあやね

  • 異世界転生もので、常識がない話はようあるけど、それをタイトルにしたんは初めてかもな。
    妥当な構成と、おもろい人物とかわいいヒロインがそろってて楽しく読めたわ。

  • 極めて典型的な異世界転生。設定がいちいちステレオタイプだな。主人公はなんでもありの無双系か。文章的には特筆する程優れているわけではないけど、十分読める、読みやすいという印象。

  • 転生の必要なくね?と最初は思ったけど、一応現代知識を使ったものではあった。

    これの系統って、実は現代でもチートレベルの知識もちでした系が多くてな。

    これもまあ、その片鱗はあるかと。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

元々はナレーターを目指して上京し、一応プロにはなったが鳴かず飛ばず。そろそろ潮時かと思っていたところに、趣味で小説投稿サイト『小説家になろう』に連載していた『賢者の孫』が編集者の目に留まり小説家デビューする。予想外の出来事に本人が一番困惑している。

「2016年 『賢者の孫5 狂瀾怒濤の三国会談 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉岡剛の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×