ヒナまつり 9 (ビームコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA/エンターブレイン
4.23
  • (21)
  • (32)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 274
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047306165

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 驚きの三年後展開だった。あんずちゃんがいいこすぎる。が、ヒナもなんだかんだ成長しつつも完全に新田さんがお母さんになっていて笑ってしまった。弁当回好きすぎる。

  • なにそれ、三年後って!? ヒナが普通に女子高生の感じが違和感。え? 瞳ちゃんはどうなっているんだろう? あと、なんか遠くで話が進んでいるマオって三年後なんだな。っていうか、新田って父親になりたかったのか?

  • 今回はヒナちゃん以外のキャラも結構活躍している印象です。
    あんずちゃんがいい子すぎる!(´Д⊂
    最後のお話しもヒナまつりっぽさ全開で最高でした(笑)

  • 新田ヒナ、中学一年生。
    街一つ崩壊させるほどの念動力を持つ。しかしそのチカラは、善にも悪にも使われることはないのだ。
    強力な超能力を無駄にする超能力少女コメディ、驚きの新展開!

    瞳ちゃんがもはや「普通」の中学生を軽く飛び越える超人ぶりを発揮していてもう笑う。アンズちゃんは最初のスレていた姿が思い出せないほどの純朴な娘さんっぷりで、新田が戸惑いを隠せないのも仕方ない。
    アンズとヒナを比べてしまうともうね…これは保護した先の環境のせいなのか、本人達のせいなのか。
    そういえばもう一人出てきた超能力者のマオちゃんどうなったかと思ったら、いつの間にか中国で見事に利用されていた。というかこの三年後ってなんだよ!と。
    冗談なのかと思ったのに、いきなり脈絡無く3年後にとばした意味がよく分からん。三年経っても全く進展無いという事ですよね? これってさすがにどうなんだろう…。

  • 時が飛んだんですけど…

  • 瞳ちゃん怖いよ,怖いよ瞳ちゃん。新田子供を知る,新田父親の理想郷を知る,新田現実を思い出す,の3本です(ンガクック)。しっかしヒナすげぇな,ただのウンコ製造機だと思っていた自分が情けねぇ!何故…ここで雪まつり……?…彼らはガリを表現しているのだろうか……?いや,そんな事より早く救助を!いきなり3年飛んだ。マオなにやってんだ。新田取り繕い失敗す。

  • まさかの3年経過、高校編?
    ヒナぶれねぇ、というか酷くなってる
    珍しく伏線回収的な内容が目立った
    瞳とアンズの回が面白い

  • ヒナ高校生になるのかー。新田との暮らしもすっかり板について四十八話が特におもしろかった。昼休みに読んでても一人でクスクス笑っちゃう。

  • 着実にステップアップしていく瞳さんと新田さん。
    三年後はネタかと思ったけどほんとに三年たってんだな。

  • 過去最高の衝撃でしたね。まさかヒナが高校生になるとは思いませんでしたけど、ギャグ漫画で流行っているんですかね。日常もそうでしたけど。
    ってかこのまま高校生のまま続けるんですかね、それとも戻すのか。どちらにせよ新田の受難は続きヒナは身体以外は成長せずと変わらない日常なのが不憫で不憫なままなのが笑える。
    あと、高校生の瞳さんも見たいですけど…たぶん女皇、女王と呼ばれる地位に就いていると思うの。
    前回のアンケートもそうでしたけど娘にしたい登場人物は誰ですか?にはこれまた愚問ですね。アンズ以外の選択肢は無いでしょ。

全16件中 1 - 10件を表示

大武政夫の作品

ツイートする