おこぼれ姫と円卓の騎士 女神の警告 (ビーズログ文庫)

著者 :
制作 : 起家 一子 
  • KADOKAWA/エンターブレイン
3.64
  • (7)
  • (10)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 97
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047306684

作品紹介・あらすじ

フリートヘルムが、ウルク帝国の砂漠で消息不明-。報せを受けた未来の女王レティーツィアは、兄の行方を捜しに"砂漠の女神"神話が残る南の大国へ。ところが道中"奇妙な砂嵐"に遭い、騎士達と離れ離れに!-「この国は、何かがおかしい」違和感を抱きつつも、どうにか帝都に到着したレティは、ウルク帝国の皇子に助力を求めるが…!?最強女王伝説第12弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 9/14発売。これもBookWalker先行かな?
    だったんだけど、9/13にイオン新瑞橋の未来や書店に行ったら売っていて買ってしまった。そのうちBookLiveで買い直そう。。

  • 今回はどファンタジーなの?と思うような事件の顛末から最後の数ページで一気に現実に戻されました。典型的なプロットかもしれないけど、このように出すのはうまいなぁ、と。物語が一気に締まりました

    2017.10.25

  • シリーズ13作目

  • 8月3日読了。図書館。

  • 久しぶりの兄殿下が相変わらずで嬉しい。

  • 2弾。舞台は変わりまして、砂漠でございます。
    レティ様、せっかくの砂漠の二人旅だというのに、そっちの方への思考を脇によけてくださって…ワタクシ的にムフムフする部分はそこだけという…色んな意味で泣けてきますね。
    続刊への前振り的なお話ということですね。
    あらすじなど下記
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4787.html

  • フリートヘルムが行方不明になり、レティは騎士達を連れて砂漠の国ウルク帝国へやってきました。
    砂嵐で離れ離れになったレティがデュークに再会したときに、抱き付いたのはおおっ!って思いましたけど、やっぱりまだ友達止まりかなあ。

    女神の謎も面白かったけど、ウルク帝国の病が大元にあったというのは予想外でした。
    フリートヘルムも病にかかり、カリムの元にはゼノンが再登場。
    ゼノンが出てくると、なんかまた一筋縄ではいかない予感がします。

    次巻も楽しみです。

  • カリム皇子って策士だわー。あんまり話に出て来ないのに。こんな人がゼノンの口車に乗せられて手を結んでしまったらどうなるの。レティ最大のピーンチ!出て来ないといえば、レティの兄2人のうち、グイード王子より登場しない第1王子フリーとヘルム。今回は妙な才能発揮と共に登場して楽しかった。

  • レティの兄達はやはり嫌いにはなれないわ。特に第一王子(笑)たくましい!ほんとたくましい!レティの12人の中に2人共入っちゃえばいいのに〜 カリム皇子は花江くんの声で読んでました。最後にチラリと登場したゼノンはやはり達イメージですわ。彼が絡むと一気に血の臭いがしそうな、そんな感じです。

  • 今回は長兄が行方不明に……。
    そして、軍師編で出てきた問題児が再登場だよ。
    続きが待ち遠しい!

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

第13回えんため大賞≪二期≫ガールズノベルズ部門にて、「おこぼれ姫と円卓の騎士」が優秀賞を受賞し、作家デビュー。

「2019年 『十三歳の誕生日、皇后になりました。2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おこぼれ姫と円卓の騎士 女神の警告 (ビーズログ文庫)のその他の作品

石田リンネの作品

おこぼれ姫と円卓の騎士 女神の警告 (ビーズログ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする