ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA/エンターブレイン
4.27
  • (272)
  • (241)
  • (86)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 2340
レビュー : 152
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047306769

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 購入して読み。

    もはや狩猟・採集ではなくて栽培とか耕作だよね、と思ったゴーレムの回。

    種族によって美醜の価値観の違いってやっぱあるんだ、と思ったオークの回。

  • このマンガを読んでいると、どうにも料理がしたくなってくるのは、2巻でも健在。思わずポトフを作ってしまった。

  • 個別の話が、キャラ個々人の話になっててとても良い。
    良い。

  • ダンジョン探検にも食べ物は必要。持っていくには限界があるしお金もかかる。なら現地調達だ。
    というダンジョン飯の2巻。

    このマンガは面白い。
    出オチっぽい設定ながら毎話いろんな種類の魔物を工夫をこらして料理するところも良いし、ダンジョン内の生態系についてふむふむと読んでしまうところも良い。
    あと魔物食を嫌がりながら旨さに負けてしまうヒロインマルシル(エルフ)がかわいい。
    九井さんの描く女の子はいつも地味可愛いので好きです。

    2巻は宝物に擬態する宝虫の話と、手作り聖水で幽霊を倒すとソルベが出来てた話が良かったです。

  • 思いの外きちんとダンジョン攻略してるのが好印象。個々人の掘り下げもされていて、個人の感情の機微や過去、種としての確執などが練りこまれているのが感じられた。
    話数としてはオヤツとキャベツ煮がモンスターの生態を想像させて面白かった。
    でも一番面白かったのは塩茹で。普段冷静で斜に構えたチルチャックの意外な一面と複雑な男心が面白かった!ハーフフットって寿命どれくらいなんでしょうね。

  • とても面白い。今までなかったタイプの作品かも

    最近流行の「食漫画」ともまた違う。かといって剣と魔法の冒険アドベンチャーでもない

    ダンジョンを冒険するというのはRPGでは定番中の定番だけど、じゃあ食事はどうしてるんだろう?死んだ仲間は何故生き返るの?トイレは?お金は?そもそもダンジョンって何?みたいな普通だったらそういうものとして片づけられる疑問を無駄に丁寧に描写していく

    一体一体の魔物がしっかり「生物」として描かれてるのがおもしろい。生物なら食べられるだろうという理屈(?)なんだか気の抜けたのほほんとした雰囲気もグー

    何度も読み返したくなる良作

  • おもしろかった!
    ゴーレム畑に聖水(物理)

    次の巻も楽しみ

  • 笑いのツボが分からない

  • 食材にしすぎだろ!

  • ライオスのぶっ飛んだ思考に今回もみんなが振り回される…とお決まりだけど、ちょっとしんみりもあったり相変わらずおもしろい!
    単純にグルメ漫画としても楽しめる!
    ライオスが一番年下という衝撃事実も発覚したり、たくさん笑わせてもらった。

全152件中 81 - 90件を表示

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)のその他の作品

九井諒子の作品

ツイートする