ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA/エンターブレイン
4.27
  • (271)
  • (240)
  • (86)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 2327
レビュー : 152
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047306769

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お、二巻出てた!
    ゴーレムはちょっと面白い発想だったな~。でも今回は一巻に比べると少し切ないお話が多かったような(そうでもないような)食べれない宝石虫はホンモノだった、というオチには笑わせてもらいました。そしてふわふわヒゲって結構ファンシーだ(笑)

  • ゴーレム畑の新鮮野菜ランチ
    盗れたて野菜と鶏のキャベツ煮略奪パンとご一緒に
    宮廷料理のフルコース
    茹でミミック

  • ゴーレムの有効利用… 土に栄養与えたらまあいい土壌になりますわな(^◇^;) スライム調理したのも相当驚いたけど宝箱と金貨の関係性が逆転したわ。迂闊にコイン拾えなくなるね、こりゃ。
    ライオスの剣には意志が宿ってるようだけど味方なのか利用しようとしてるのかは現段階では判断出来ない。

    ちいさな衝突を繰り返していたセンシとマルシルの間に出来た信頼がプラスに働きますように。

    ところで妹ちゃんは消化されてないよね? ね⁇

  • まだまだ面白い。
    オススメ‼︎

  • 話がないわけでもなく、けれど深刻になりすぎない塩梅が絶妙。ただ、1巻に比べて魔物自体を料理する話が少ないのがやや残念。

  • センシのサバイバル術、すごいですね。

  • 今回も美味しそうだったけど、虫はなぁ…

    絵の中で過去に触れたことが、先の展開に関わってきたりはしないのかな?と妄想。

  • 流石に2巻ともなると,1巻程の衝撃はない。とはいえ,ゴーレムを耕して畑に,生ける絵画の中の飯を食う,などという突表紙もないアイディアは素晴らしい。命名ケン助。オークの子供がパンを触ろうとするのに対して,手を持って阻止しているセンシの顔がちゃんと眉間にシワ寄せてて芸が細いなと。

  • 道中、ものすごく料理を楽しんでて、たまに主目的である妹を思い出してもあんま変わらなくて、死そのもののファンタジー化が面白い。無国籍風聖水とそのアイス笑った。

  • 2巻。
    1巻と同じくダンジョンに潜ってダンジョン内で食料を調達する。ダンジョンマスター的な話(違
    ストーリーとかは殆ど進んでるのだかは分からない感じで、本当にダンジョンの飯事情の話をやっていると言うのは凄い事だと思う。
    うちのTRPGでは暴れ乳牛(食料)を求めてさまよったりするので、実はこれ凄い重要な教科書になるんじゃないかと思ったりもする。嫌な話だ……。
    今回、ドラゴンの居所をつかんだりはしたので、若干話も進んでるのかもしれない。

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)のその他の作品

九井諒子の作品

ツイートする