ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA/エンターブレイン
4.27
  • (272)
  • (240)
  • (86)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 2329
レビュー : 152
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047306769

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ゴーレム可愛いな。オークのところの話は、ちょっとしんみり。除霊アイスと、センシのお髭ふわっふわには笑った!

  • マルシルかわいい

  • 1巻がおもしろかったので2巻も読了。もっと食材(モンスター)を調理を見たい。次も楽しみ。

  • 最初の話を読んでの第一声が「すごい!普通の食べ物だ!」でした。
    育てた場所はちょいとアレですが、普通のお野菜にベーコン!家でも作れそうな料理でした。
    2話目もわりと普通の食べ物でしたが、3話目ががが。
    扱い的にはあれですよね、イナゴの佃煮。
    そして絵に描いた餅はやっぱり絵に描いた餅なんですね。
    今回も楽しく読めました。
    もう今から次巻が楽しみ。

  • センシがふわふわに!!

    一巻よりはゲテモノ食い感が薄いかな。
    ケルピーは美味そう。

  • マルシルもだいぶ慣れてきた感じのある2巻。
    今回は料理ネタではないところでも読み応えがあって大変満足。
    しかし擬態系は本当に勘弁な!!!

  • ファンタジーグルメコメディ(?)待望の第2巻。

    1巻でこのマンガの世界観にメロメロになってしまい、2巻も迷わず購入。今回も期待通り、面白かった!

    しかし今回は魔物料理より、魔物たちやセンシが何故ダンジョンに住んでいるのかということや、ダンジョンの謎そのものにスポットが当たっている。
    正直1巻時点では、ただRPGをパロった異色なグルメマンガくらいに思っていたので、少し驚いた。思った以上に、きちんとしたファンタジーだ。

    果たして黄金城とはなんなのか?あのエルフは一体?この迷宮を手に入れた時、ライオスはどうするのか?
    次巻も楽しみだ。

  • この方の短編集で引き込まれた口。 この連載もんでも変わらず絶妙なバランスのストーリーテリング、話の落とし所が見えるようでいてそれでいて次はどんな切り口で来るのか、ものすごい楽しみ。 子供らもお気に入りのお話。

  • 買った!

  • チルチャックの話はみんな面白い。

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)のその他の作品

九井諒子の作品

ツイートする