帝都あやしの恋巡り 伝令・上官を直ちに娶られよ! (ビーズログ文庫)

著者 :
制作 : 吉良悠 
  • KADOKAWA/エンターブレイン
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047307551

作品紹介・あらすじ

「特命により米田准尉を我が夫とする」

米田に突然下されたのは、特務機関の草薙桜少佐と市井に潜伏し、付喪神が宿る特殊器物を蒐集するという極秘任務! 霊的結界が綻び始めた帝都

の守り神にというけど、なんで“夫婦”設定に!? ──が、任務に忠実で霊力も高いのに家事は全然ダメな新妻って可愛すぎでしょ!な胸キュン生活満喫中、桜を狙う高貴な神が近づいてきて──!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 犬っぽい米田は頼りなげですが芯があるし、桜もツンデレで可愛いです。
    ただ内容的にさらりとし過ぎてて物足りない。

  • ノリ突っ込みのかなりコミカルなローティーン向けのノベル。
    帝都物という設定も、特殊な物を蒐集するというあたりも、どこかで見たような話で真新しさは感じない。
    表紙が可愛らしく、ヒーローもかっこよさそうに思ったのだが、全体的に私の好みとは違った。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4849.html

  • 【ネタばれ感想注意】

    少女小説には珍しく、士官学校を卒業したばかりの新米軍人ヒーローが主役です。
    家事もこなす、お人好しの犬系ヒーローです。
    幼い頃から常人の目には見えない不思議なモノ(妖)を見る事が出来、周囲の大人達から気味悪がられた為、自分自身に暗示をかけ見えないフリをして生きてきました。
    しかし、軍に入り早々に帝都の守りを神の力によって固める、という特殊任務遂行の為、高名な陰陽師の血を引くヒロインと一緒に「骨董屋を営む若夫婦」を演じ市井に紛れながら力を持つ神を見付ける任務に就く事になります。

    ヒロインは恐らくツンデレの部類に入るタイプだと思うのですが、所々でキャラがブレているようにも感じました。
    あと、シーンによってヒーロー視点、ヒロイン視点と唐突に切り替わるので、少し読み辛かったです。

    メインのストーリーについては、月読命の花嫁となる運命から逃れるヒロインの事情と並行しながら、いわく付きの古鏡に取り憑いた付喪神の正体を調べていく事になります。
    ヒロインの方は言霊使いだったヒーローの力が役立ち、見事月読命を消し去る事に成功します。
    古鏡については、持ち主の過去の悲恋に繋がっていたという哀しい結末でしたが、魔鏡や隠れ切支丹といった個人的に大好物な題材だったので大変満足でした。
    あと、三日夜餅を男性は噛まずに飲み込むという細かい描写にも思わずニヤリとしてしまいました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2012年よりWEB小説を書きはじめる。2013年「金狼殿下と羊飼いの侍従サマ」にて出版デビュー。

「2015年 『金狼殿下と羊飼いの侍従サマ3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

帝都あやしの恋巡り 伝令・上官を直ちに娶られよ! (ビーズログ文庫)のその他の作品

群竹くれはの作品

帝都あやしの恋巡り 伝令・上官を直ちに娶られよ! (ビーズログ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする