迷宮都市のアンティークショップ3 (ファミ通文庫)

著者 :
制作 : ぎん太 
  • KADOKAWA/エンターブレイン
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047308008

作品紹介・あらすじ

「儲け話がある」とトリスタンが切り出した。依頼人は幼い少女。亡くなった父の形見を取り戻して欲しいと言うが――【少しだけ煤けた瑪瑙の指輪】。休日、ケーキバイキングを楽しむソアラの前に出された付与道具とは……【生クリームのついた小剣】。アンデッドであふれたダンジョンで、アネモネはデュラハンと化した兄と対決する。フジワラも、元凶となった“屍者のオルゴール”の鑑定に挑むが――!! 『鑑定』で明かされる探索者たちの冒険譚第3弾! 文庫書き下ろし『あるいは薬瓶でいっぱいのバスケット』『年季の入った遊戯札』も収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マジックアイテムにまつわるストーリーを集めたアンソロジーです。結構ほっこりするストーリーもあり、サクサク読み進められます。シリーズ3巻サクッと読み終わりましたが、最後は大円団で盛り上がります。癖のある登場人物ばかりなので、もっと続きを読みたいですね。ライトファンタジーとしてはお勧めです。

  • 完結。いつもの日常?短編から、アネモネの悲願成就、最後は迷宮の真相をめぐる話としっかりまとまってたと思います。フジワラや師匠の過去や「ロートルズ」との話、一人前へと踏み出したソアラたちの話等、まだまだ続けられそうなので少し残念ではあるけれど。短編集形式で気軽に読め、章間のアイテム説明も面白かったです。ひとまずこちらでは完結お疲れ様でした。

全2件中 1 - 2件を表示

迷宮都市のアンティークショップ3 (ファミ通文庫)のその他の作品

大場鳩太郎の作品

ツイートする