「賛否両論」笠原将弘のきほんの和食 (レタスクラブMOOK)

著者 :
  • KADOKAWA/角川マガジンズ
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047313453

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実際に作ってみると美味しい料理ばっかりだった。素人でも簡単にできた。満足。

  • 今回の料理本はいつも以上にコツやワンポイントアドバイスが詳しく丁寧に書かれており、料理初心者の方に優しい一冊。上級者の方でもプロの料理人のテクニックや味が学べるので読む価値あり。アレンジメニューも掲載されており、2度楽しめるという感じ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京・恵比寿にある日本料理店『賛否両論』店主。高校卒業後、新宿の『正月屋吉兆』で修業したのち、2004年に自らの店をオープン。以来、独創的な感性と卓越した料理センスで人気を集め続けている。雑誌やテレビで家庭でもつくりやすいレシピを紹介しているほか、学校給食や食を通しての地域復興に関する活動にも力を注いでいる。『毎日食べたい和食のおかず』『笠原将弘の和食道場』(ともに小社刊)など著書多数。大の白飯好きで知られ、定食には格別な思い入れがある。好きな定食は、銀だら西京焼き定食

「2018年 『2品で満足!ラクしてうまい!笠原定食』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「賛否両論」笠原将弘のきほんの和食 (レタスクラブMOOK)のその他の作品

笠原将弘の作品

ツイートする