家めしの王道家庭料理はシンプルが美味しい (角川SSC新書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川マガジンズ
2.78
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 67
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047313750

作品紹介・あらすじ

毎日、夫婦二人のすべての食事を作り続けている著者。厨房での地道な努力を積み重ねて、たどり着いたのが「わが家めし五箇条のご誓文」。いわく「合理的に作る、手早く調理する、既成概念に囚われぬ発想、健康に留意する、ふつうの材料を使う」。これを心がければ、さらに簡単に楽しく美味しい料理を作れるようになること間違いなし。本書には、いますぐ真似したくなるコツと美味しいレシピを満載。さあ、男の料理も女の料理も超越した「リンボウ流クッキング」を始めましょう!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本の御蔭で50男でも糠漬けでけた。
    今晩のお酒の充てが一品増えました。
    他のレシピも参考に厨房でゴソゴソ、女房に怒られない程度に挑戦中。

  • リンボウ先生流、簡単クッキング。

  • 普通の材料と道具で健康によいものを手早く合理的に。
    リンボウ先生と自分は料理に対する心構えや姿勢それに味の好みが似ていると思った。そんなわけで、読んで教わるまでもなく実践しているようなアイデアも少なくはないけれど、既成概念にとらわれない発想の部分にはなるほどと思うものもある。とりあえず、鳥天を自分のレシピにしたいし、英国仕込みの甘味編があるのはさすが。

  • リンボウ先生はさすが食べ物描写がうまい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

林望(Nozomu Hayashi)
1949年生まれ。作家・国文学者。
『イギリスはおいしい』で日本エッセイクラブ賞受賞、
『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』で国際交流奨励賞等受賞。
『私の好きな日本』『どこへも行かない旅』などの旅の本のほか、
古典論、エッセイ、小説、詩、能楽、料理等の著作多数。
『謹訳源氏物語』(全十巻)で毎日出版文化賞特別賞受賞。

「2018年 『旅ゆけば味わい深し』 で使われていた紹介文から引用しています。」

家めしの王道家庭料理はシンプルが美味しい (角川SSC新書)のその他の作品

林望の作品

家めしの王道家庭料理はシンプルが美味しい (角川SSC新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする