税務署VS脱税者どんな善人でも税金はごまかす (角川SSC新書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川マガジンズ
2.94
  • (0)
  • (3)
  • (10)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047313811

作品紹介・あらすじ

税務署には「より多くの税金を取ってくる」という暗黙の命題がある。税務署員は、税金を誤魔化そうとする悪質な納税者を見つけ出し、追徴課税を狙っている。本書では、元国税調査官の著者が税務署はどのような手を使い、脱税を摘発しているのかを、具体的なエピソードを交えながら紹介していく。「税務署は正義の味方ではなく、税金を取ることが使命」「脱税者は様々な手口で脱税をする」-税務署員は今もあなたを見張っている…。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み物として面白い。経営者、企業の経理担当者などは読むべき本。国税調査官の考え方、仕事の一端がわかる。

  • 税務署員の経験から、脱税者を見分ける実例を上げて、書かれた一冊。脱税するケースは特殊かと思いきや、意外な職業の方まで、きっちりと脱税されているという話しには驚きと、それを見逃さず、ノルマをこなすために、不正を見抜き、徴収する税務職員の戦いは、どこまでも続くのだと理解できました。

  • 事例にあげられている脱税の手口の例が余りにも幼稚で、これなら調査官でなくても簡単に発覚するようなものばかり、一方の調査官の調査テクニックもごく一般的で、とても専門家といえる程度のものでない。
    プロ同志のスリリングな手口と摘発テクニック事例を期待するむきには失望で終わる超初心者向きの本。

全3件中 1 - 3件を表示

税務署VS脱税者どんな善人でも税金はごまかす (角川SSC新書)のその他の作品

大村大次郎の作品

税務署VS脱税者どんな善人でも税金はごまかす (角川SSC新書)はこんな本です

ツイートする