知らないと恥をかく世界の大問題2 角川SSC新書 (角川SSC新書)

著者 :
  • 角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
3.74
  • (95)
  • (281)
  • (209)
  • (20)
  • (1)
本棚登録 : 1869
レビュー : 210
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047315426

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資料ID:98120726
    請求記号:081||K
    配置場所:普通図書

    【IM科2年】
     世界の政治、経済、宗教問題、領土問題など多くのことを解説している本です。
    こちらに話しかけるような文体で書かれているので、堅苦しくなく、気軽に読むことができます。
    発行されたのは去年ですが、最近ニュースでよく聞く単語や問題にも触れているので、新聞などを読んでいてもいまいち詳しい話がわからない人にはおすすめです。

  • 面白かった!

  • 世界はどう動いているのか?

    →民族、宗教、資源が世界の火種を生んでいる

  • 世界の情勢を知るための池上さんの本。
    三冊ある内の二冊目ですが、どこから読んでもそれなりに楽しめます。

    とにかく世界の流れを全然分かっていない自分にとっては、
    恵みの水のような本で、この本を一通り読めば、
    それなりに知ったかぶりができるのでは!?と思ってしまいます。
    (しかし、やはり表面をさらっとという感じは否めないので要注意。
    別に池上さんが悪い訳ではありませんが。)

    こういう基本的な本から始めて、徐々に専門的な本へ行く流れを考えたとき、
    最初の一冊目としてとっても相応しい分かりやすさになっていて、かなりオススメの一冊です。

    とにかく、世界の状況を知らずして、
    損だけはこかないようにしたいものです。

  • 著者独特の分かりやすい解説で現在の国際問題を解説する本の第2弾。
    相変わらずの分かりやすい解説でとても読みやすい。ただし取り扱っている内容は一般常識の範疇なのでより深く専門的に知りたい場合は他の文献をあたる必要がある。
    しかし本書は中学生でも分かるように書かれた入門書なのでそれはマイナス評価とはならない。

  • まさかの地震前日の発売だったんですな。

  • この著者の本が分かり易いのは読み手がどこまでは既に知っていてどこからよく分っていないのかの見極めが適格だからだと思う。と、読み終わったら評価しようと思っていたら後書きでまさにそう仰っていた。そういう自覚が的確なのも強みの一つなんだろう。

  • 請求記号:319/Ike/2
    資料ID:50064469
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 第一作に引き続き、面白かった。一読しただけでは、きっと忘れるんだろうなあ。新聞などに目を通すのが、面白くなった。内容は、1冊目とどうしても重複してしまうところがあり、再確認の意味ではよかったかも。

全210件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

知らないと恥をかく世界の大問題2 角川SSC新書 (角川SSC新書)のその他の作品

池上彰の作品

ツイートする