歯がいい人はボケにくい 角川SSC新書 (角川SSC新書)

著者 :
  • 角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047315471

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 健康寿命を伸ばすために、歯をもっと大切にしようと思った。

    人間食べられなくなったら、老けてしまう。

    ・肝臓や筋肉にはグリコーゲン(糖分)が一時的に蓄えられている
    →噛むことでこの分解スイッチが入る
    →グリコーゲンはグルコース(血糖)という形に分解されて血液中に放出され、血糖値を上昇させる
    →血糖値が上がったという信号が、満腹中枢にとどけば、食べ過ぎのストッパーになる

    →糖質の次には、脂質(遊離脂肪酸)を使う

    内蔵脂肪は皮下脂肪に比べて溜まりやすいけど放出しやすい
    →よく噛むとメタボ予防になる

    噛むと脳の前頭前野が、刺激されて活性化する

    ・唾液
    よく噛んで食べると分泌量は10倍
    →微量にホルモンや酵素が含まれている
    アンチエイジングや、ガン予防に良い

    栄養素を効率よくとるといういみで、サプリメントはいいが、唾液のメリットを考えれば、噛まないサプリメントを食事の代わりにするのはオススメできない

  • 女性ホルモンが歯周病に関係あるなんて
    歩くことも関係ないようで歯には血行もよくなり良いこと

全2件中 1 - 2件を表示

歯がいい人はボケにくい 角川SSC新書 (角川SSC新書)のその他の作品

倉治ななえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
みうらじゅん
有効な右矢印 無効な右矢印

歯がいい人はボケにくい 角川SSC新書 (角川SSC新書)はこんな本です

ツイートする