6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録 角川SSC新書 (角川SSC新書 130)

制作 : 石巻日日新聞社 
  • 角川マガジンズ(角川グループパブリッシング) (2011年7月9日発売)
3.82
  • (11)
  • (29)
  • (12)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :170
  • レビュー :39
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047315532

6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録 角川SSC新書 (角川SSC新書 130)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今年3月11日の大地震で被災した石巻日日新聞。輪転機が水没したり、記者が津波で流され漂流したり、と何もできないはずの中、自身の翌日からなんと手書きの壁新聞を発行。地域紙ならではの気概に元気が出た。 あの地震の日、森達也「A3」オフ会に参加するため東京に行っていた私は、大学生の娘の最寄駅に着いたところで大きな揺れに遭遇。てっきり東京が震源地かと思ったくらいだったのだけど、(だって過去二回経験した新潟の地震よりずっと衝撃的な揺れだったのだもの。)
    そのすぐ後に娘の部屋でテレビをつけ、東北のあまりの惨状に愕然・・。
    そのまま、ほぼ2日間、正座してテレビを見続けたのですが、同じ映像をこれでもか、と悲惨さを強調するコメントと共に流すテレビに辟易してスイッチを切った後、新潟に戻っても、先月くらいまでテレビも新聞も封印しておりました。
    知りたい情報、ではなくて、より刺激的で恐怖感を煽ったり、なんて気の毒な・・と言いながらも、自分の家や家族は無事でよかった、と思ってしまうような情報がただ怖くてたまらなかったからです。

    その意味で、いったいあの時、何が起こっていたのか、を地元のジャーナリストの目でありのままの姿を綴ったこの記録は、私にとってとても貴重な一冊となりました。

    前半は、社長自らが語る、「壁新聞を作るまで 作ってから」の六日間。電気も水もなく、もちろん食べるものもなく、それどころか、家族や記者たちの安否もわからないまま、目の前の事実を伝えなければならない、と手書きで壁新聞を作り、コンビニや避難所に貼りに行った日々。そして、私がうんうん、そうだよね!と思ったのは、紙面が限られていたことからという理由があったにせよ、いかに悲惨か、という情報よりも、支援の状況や、地域のここは大丈夫という明るい情報を中心に載せたことでした。ボランティアや炊き出しのお願い、など、地元民の力を募る記事もあり、まだまだ自分たちにやれることがある!と思わせてくれたことも大きいと思います。

    後半は、記者1人1人が、時間と日にちを追いながら、あの時の自分はどうしていたか、を語っておられ、ジャーナリストとして、また、1人の人間として、そして、家族を持つ親として子としての気持ちを率直に教えてくれます。若い記者のエネルギーに驚き、ベテラン記者の思いに共感し、と、ようやくじっくりと地震を追うことができました。

  • 東日本大震災の記憶を風化させてはいけないし語り継いでいかなければなりません。この本は、石巻日日新聞の記者達が震災後も「伝える使命」を持ち続けて闘った記録です。手書きの6枚の壁新聞はアメリカでも評価され展示されています。災害時の人間の力、希望を持つことの大事さを感じて欲しいと思います。
    *推薦者(セ教)M.N
    *所蔵情報 https://opac.lib.utsunomiya-u.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB00328490&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 978-4-04-731553-2 253p 2011・7・24 1刷

  • 東日本大震災の翌日から貼られた6枚の壁新聞が、1枚1枚カラー写真で載っている点に感動。水道や電気と同じように「情報もライフラインになる」ことを物語っている。大切に保存版として残しておきたいと思う。

  • 石巻日日新聞の東日本大震災時の壁新聞のルポ。当時どのようなことを考えて壁新聞発行に至ったのかがよくわかる。また本書で指摘しているように、「危機管理能力が足りなかった」ことは否定できない。けれどこのジャーナリズム精神は多くのジャーナリストの手本となる姿勢である。その点はきちんと評価したい。

  • 以前ドラマ化されていた作品で、改めて原作本を読んでみることにしました。

    後半の、記者それぞれの体験談が、各々異なる場所や視点で記されていて、当時報道されなかった状況を、少しながら知ることができたように思います。

    以前、現地で市職員の方からお話を聞いたときに「長机を使った脱出用の橋」のエピソードをうかがったのですが、この本でも紹介されていて、改めてよく知ることができました。

    この時期は、努めて震災関連の本を読むようにしています。
    自分の中で年々記憶が薄れていくようで、なんとかリセットというか、記憶の上書きというか、そこらへんを試みています。

  • 自分も仙台で被災したが、被災のレベルが違う。石巻地域は重度被災人口が多いのが特徴か。

  • 石巻を舞台にした3.11の記録は、様々な団体や法人、企業が出してます。この本の舞台は石巻であり、本に登場する石巻日日新聞の記者が津波に巻き込まれて石巻赤十字病院に入院していたことから、『石巻赤十字病院の100日間』と併せて読むと、当時の臨場感がより強烈に伝わってきます。また、同じ被災地の新聞社という点で『河北新報のいちばん長い日』辺りと読み比べると、同じ被災地にありながら異なる環境下でそれぞれのベストを尽くそうとした人たちの気概が伝わってきて、また興味深いというところです。

    この本の出色としては、後半の6人の記者による時系列での活動記録。各自の行動が交差しているので、この記録を読むことで個人個人がどのように有機的に動き、絡み合って取材を続け、壁新聞を出すに至ったのかがクリアになっていきます。何度か、一足先に印刷された新聞を発行した河北新報への嫉妬と焦りが出てきますが、これはエゴとしてではなく、地元愛と会社愛のなせるワザと見るべきでしょう。

    もう少し内容が濃くても好かったかな、という気もします。あっさり読み終えられるぐらいの量なのが、ちょいと残念。

  • 石巻日日新聞

全39件中 1 - 10件を表示

6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録 角川SSC新書 (角川SSC新書 130)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大野 更紗
村上 春樹
東野 圭吾
有川 浩
冲方 丁
東野 圭吾
三浦 しをん
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録 角川SSC新書 (角川SSC新書 130)に関連するまとめ

6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録 角川SSC新書 (角川SSC新書 130)はこんな本です

6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録 角川SSC新書 (角川SSC新書 130)を本棚に登録しているひと

ツイートする