息身佛 そくしんぶつ ただ、息をする。ただ、生きる。 角川SSC新書 (角川SSC新書)

著者 :
  • 角川マガジンズ(角川グループパブリッシング)
4.07
  • (5)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047315594

作品紹介・あらすじ

曹洞宗の大本山・總持寺貫首を務めた高僧、板橋興宗禅師が、「本当のいのちの生かし方」と「息をすることの大切さ」を説きます。海軍兵学校での生活、戦後、肋膜炎を患い長期入院、4年遅れての大学進学、自尊心が傷つきノイローゼになった大学時代、生き返った禅寺での共同生活、曹洞宗に得度、師匠を裏切り8年間放浪修行、禅師となってからの夢など、自身の経験を通して、足るを知ること、グチグチ考えないこと、呼吸の大切さを紹介しました。がんを患って20年、「生きる意味」について悩み続けた禅師からの魂のメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人柄が伝わってくる。

  • 2015年1月読了

  • インタビュー形式で読みやすかった

  • 福井県武生の誕生寺の住職の半生と考え方をインタビュー形式で綴っている。考え過ぎず、目の前の事に取り組むことの大切さ。坐禅をすることで、健康になり、悩みをなくなっていくと、その効用をうたっている。一度、座禅会に参加してみようと思わせられた1冊。

  • 読みやすい。著者の人生が面白い。万年床のぐうたら生活を正すために禅寺へ。それからも紆余曲折、猫好きで、猫に教えられると言う。同感です。動物は本当に生き方死に方を、教えてくれる。

    *「じぶんは今のままで十分足りているんだ」ということを身体でわかることが大切。頭の中で「自分は足りている」と理解するのは、所詮、屁理屈の世界なのです。

    *今、見えている。感じている。そのすべてが事実であり、「今ここ」に反応していることが、命そのものです。痛いは痛いまま。シャクにさわったならばシャクにさわったまま。悲しいは悲しいままでいいのです。それなのに言葉で考えることを覚えた人間は、言葉で作り上げた世界と、身体の実感の世界が分離してしまう。これが悩みのもと。

    *例えばお茶を飲んだ時「渋みがあって、おいしい」とか言います。これは頭でお茶を飲んでいるのです。「渋みがあって」と頭で判断する前に、お茶を一口飲んだときにからだが感じた「おいしさ」があるはずなのです。その出会いの事実こそが命なのです。

    *私たちが見たり感じたりしているものは、その時、その場の出合い(縁)によって生じ、そして消えているだけ。この世には、絶えず新しい「今」が生まれ、生まれた途端に消えていく。それなのに、変化するものに執着するから悩みが出る。言葉で考えた世界と現実の差が悩みとなる。

    *風鈴は東西南北の風を問わず、その時その場の風邪の流れに従ってチリーンチリーンと反応します。この、何事にも囚われず変化する様子を「空去来(くうこらい)」と言います。ちょうど空気のように、自由自在に変化し、痕跡を残さず、さらりと形が変わる様子を、仏教では「空(くう)」と表現するのです。

    *言葉は「言霊」、言葉にしてしまうと、思いが増幅されて、それが自分に還ってくる。「言刃(ことば)」だと思います。グチグチいい続けることで、今、この瞬間をいきている大切な命を、言葉の刃で傷つけてしまうのです。そうしなためには「愚痴をグチらない」ことです。

    *「無心 無心 大無心 息身仏 からだがわかってる ありがとさん」
    息身仏とは今この瞬間の呼吸している身体がすでに仏さんだということ。頭で考えるなということです。「即身仏」は仏教用語にありますが、私はもっと具体的に「息身仏」としたのです。

  • リラックスして読める、坊様のお話。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1927(昭和2)年宮城県生まれ。海軍兵学校76期。東北大学卒業。1953(昭和28)年、渡辺玄宗禅師について禅門に入る。その後8年間、井上義衍老師に参禅し、修行する。福井県武生市・瑞洞院住職、石川県金沢市・大乘寺住職などを歴任し、1998(平成10)年、神奈川県横浜市・大本山總持寺貫首、曹洞宗管長に就任。2002(平成14)年、貫首、管長の公職を辞し、石川県輪島市・總持寺祖院住職を経て、現在、福井県越前市・御誕生寺住職。「ねこでら」として観光スポットになっている。

「2017年 『心配しなさんな。悩みはいつか 消えるもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

板橋興宗の作品

ツイートする
×