知らないと恥をかく世界の大問題3 角川SSC新書

著者 :
  • 角川マガジンズ(角川グループパブリッシング)
3.78
  • (59)
  • (182)
  • (121)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 1198
レビュー : 118
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047315761

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このシリーズは初めて読みました♪

    池上さんの文書はわかりやすい。いろんな変化が起こってることを再認識した!!変わる世界。私も変わらないと。

    世界のことを少しでも知ることができた!宗教のところをもう少し勉強したいなーと思いました!!

  • 相変わらず分かりやすくテーマについて述べており、勉強になる。

  • 本当に分かりやすい。

  • 初めて池上彰氏の本を読んだけど、たとえ話やイラストもありとても分かりやすい。

    とりあげたテーマはいずれもテレビのニュースなどで報道されたことがあるけど、流れていくだけのニュースではなく、ちょっとした裏話的な内容もあり、興味を持って一気に読むことができた。

  • 池上彰さんの本は本当に分かりやすく読みやすい。これを読むだけで2011年の世界の情勢がわかるのはすごいことです。1年間の世界情勢のまとめで読むにはいいのかも。
    来年も4が出るのかな?

  • シリーズ第3弾。

    時事ネタ本だけど、あんまり話題が拡散しすぎず、それぞれについて適切な程度に述べられているので読みやすいし読んだ気にもなる。

    池上さんの話がなぜわかりやすいか、ってのは考察のし甲斐がありそう。

  • 新聞が面白くよめそう。難しい問題も優しく解説してくれる。

  • とても分かりやすい。
    おッそうなのか!と勉強になることが満載の1冊。

    ただ、池上さんのテレビを観ている方にとっては既視感はいなめない。

  • 相変わらずわかりやすい
    ベースになる

  • シリーズ第3弾。
    著者の本はこのシリーズに限らずどの本も本当に読みやすい。
    今回はエピローグが秀逸。

全118件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

知らないと恥をかく世界の大問題3 角川SSC新書のその他の作品

池上彰の作品

ツイートする