その物言い、バカ丸出しです 「軽く見られない話し方」 (角川SSC新書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川マガジンズ
2.56
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (3)
本棚登録 : 37
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047316362

作品紹介・あらすじ

メールやSNSの広がりもあり、タメ口と過剰敬語の二極化が進み、きちんとした言葉遣いができる人が少なくなっています。気づかないうちに使っているあなたの口ぐせ、相手を不快にさせてはいませんか?「バカ丸出しの話し方」をしている人は、人から軽く見られます。フリーアナウンサーの著者がラジオやテレビ、講演などで経験・見聞きしたバカだと思われる実例を多数紹介しながら、どうすれば軽い人ではなく、軽やかな人と見られるようになれるのか。「軽く見られない」話し方のコツをまとめました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この人の言語感覚がすごく好きで、新刊を見つけたら100%買っている。誰にもうまく表現できなかった歯がゆさや気持ち悪さをばしっと言い表して斬ってくれるところが最高に気持ちいい。
    本書もいきなり前書きの1行目から「思い」「気持ち」「こころ」を多用する奴くだらん、とさっそく攻撃。しびれるわ。
    誤解しないでほしいのだけど、この本はよくある敬語の誤用とかを指摘して上から目線で批判する本ではない。中身のない主張や発言をうやうやしいことばで飾ろうとして、そこに何にも感じてない鈍感な人たち、言葉を軽んじてなめている人たちへの批判なのだ。
    TVの食レポの「さっそくお店の中に入ってみたいと思いまーす。ご主人!ご主人のこだわりはなんですか?」
    という呼びかけがいかに気持ち悪いかを細かく分析してる箇所など、とても面白い……

    とか言ってると、自分も「言葉遣いにいちいちうるさいBBA」みたいになりそうで怖いけど……。

  • 梶原しげるによる、ものの言い方について解いた一冊。

    納得できる個所は多々あるし、自分に思い当たる節もないわけではないけど、何でもバカと言い切ってしまうことにはさすがに抵抗を覚えた。

  • 平成26年8月8日(金)
    最初面白く読んでたけど、あんまりバカバカと続くので読むの嫌になっちゃった…

  • 2014/4/8 ふーんって感じ

全4件中 1 - 4件を表示

その物言い、バカ丸出しです 「軽く見られない話し方」 (角川SSC新書)のその他の作品

梶原しげるの作品

ツイートする