夜廻り猫 1 今宵もどこかで涙の匂い

著者 :
  • KADOKAWA/エンターブレイン (2016年6月30日発売)
4.54
  • (84)
  • (29)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 538
感想 : 57
  • Amazon.co.jp ・マンガ (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047341784

作品紹介・あらすじ

「泣く子はいねが~~」。涙の匂いのするところに現れる夜廻り猫の遠藤平蔵。
老若男女、犬猫問わず、涙する人とともに呑み、笑い、ときに励まし、
ときに見守り、いつも彼だけはそっと寄り添う。
「む。涙の匂い」。今夜の夜廻り猫はあなたの元を訪れるかもしれない。

Twitterで連載中の話題作がついに書籍化! #今日の夜廻り猫 で検索!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やっときたよーーーー!!
    まとめて読めるなんてほんとに幸せ。
    何度、わたしのところにもえんどーさん来てくれないかなぁと祈ったことか…。鰹節あるよ。
    でもわたしは、夜廻りを休んで、ちゅうさんと飲み明かす回が大好き。覚えてないけど楽しかった…って最高!そんな夜があると頑張れるもんね。
    あと、らぴをずーっと応援してます。わたしがどちらかというと自己主張しちゃうラミータイプだから、そうか、気を使って言えないってこともあるのか、って思っちゃう。底抜けに明るくらぴと接するラミーもすきなんだけどね。
    あと、あと、CoCo壱たべにきた孫とおじいちゃんの話とか、山を越えてくえんどーさん達をずぅっと見送るおばあさんとか、
    大好きな話がありすぎるーーー!!
    次も絶対、出ますように。

  • 誰かにお勧めしたい本が、自分にもたまにあるよ。
    この本は、誰かにお勧めしたいんだよ。
    でも、誰にお勧めできるんだろう・・・

  • 待ってましたの刊行です。Twitterでも読んでいましたがこうして書籍としてじっくり読むとまたよいですねぇ。なんといいますか、じんわりココロに沁みるんです。平蔵さんをはじめネコたちはもちろん、哀しみを抱えた人間たちも、おなかがすくこと、食べ物のうまさが優先することが、深刻さからスッと外してくれているようです。それは逃げではなくて、生きものの本質は「生きること」だということを教えてくれているようにおもうのです。せつないけれど、なんだかココロにポッと灯りが灯るようにやさしく元気にしてくれます。弱ったときは、少しずつ元気になればいいさ、と待っていてくれるような優しさです。

  • いつの間にかTLに流れてきていたマンガの書籍化だが、やはりまとめて紙の本で読めるのは嬉しい。強面の灰色猫・遠藤平蔵が夜な夜な人や猫を訪ね歩く8コマには、日々の我々の生活が詰まっている。時折涙腺も緩みそうになるが、癒しではなく「おまいさんは大丈夫だから」という励ましが全編にあふれているのがいい。

  • こう言うのに弱いんです、、、

    エンターブレン
    https://www.enterbrain.co.jp/product/mook/mook_bungei/213_other/15260201.html

    深谷かほる
    https://twitter.com/fukaya91

  • 昔、この作者の『エデンの東北』という漫画を読んだことがあって、テイストは全く変わっていないんだなという印象をうけた。
    猫は可愛いんだけど、ちょっと浪花節というか人情が過ぎるというか。
    猫って、人の悲しみ苦しみに寄り添ってくれる時もあるし、全く無関心な時もあるし、そこにその猫独自の基準があり、人間に引っ張られすぎないところが魅力だと思うので、この平蔵猫は寄り添いすぎの感じがした。
    こういう漫画が人気ってことは、日本人のメンタルはあまり昔と変わってないんだね。本当の心を分かち合えないだけ、寂しい人が増えているのかもしれない。誰かに、猫でもいいから、わかってほしいんだ。

  • 読友さまより紹介してもらい嵌りました。Twitterもフォローしてます! グッときたりホロッと涙を誘われる。いい事ばかりでなく辛いことも耐えなきゃいけない事もあるけれど、そんな時こそ「にっこり」ですね。とても心が暖かくなれる作品です。第三十七話『親はあっても』の「叱らなくてもいいことを叱ってばかり」のセリフがちょっと堪えた私でした…

  • 涙なしでは読めない…。・゚・(ノд`)・゚・。

  • 借りたもの。
    夜廻り猫・遠藤平蔵が涙の匂いを感じ取り、人々の話に耳を傾ける。
    最初の方はほっこり温まると同時に、少しブラックジョークのようなやりとりだったが、次第に誰が為にひっそりと手助けをする人々に目を向ける姿勢に重点が置かれている。
    家族、友人、恋人……様々な人間関係の中にいながら、自分を“他者”と比較して劣等感を募らせたり、孤独を感じていたり…
    そんな孤立感を癒すように、美味しい食べ物の話と絵にほっこりする。
    東京の真ん中で、知らない人にご飯をおすそ分けしてもらうことは最近なくなってきた。
    打算も押しつけもない、自然な共有にほっこり。

  • はーーー平蔵さん、大好きです!

    モネも宙さんも、
    猫を拾ってしまう広島の女の人も、
    猫を捨てずに家を出て行ってしまう女性も、
    入院している男の子も!
    好きな話が多すぎて、言葉で表しきれません。

    にっこりって、顔で笑えないくらい落ち込んでる時は
    私も口で言おう!って心に決めました。

    じんわりくるお話なので
    ツイッターでも見れるんですが、
    紙の本でぜひじっくり読みたいし、
    人に勧めたい作品です。ぜひ!

全57件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。福島県石川郡石川町出身。武蔵野美術大学卒業。漫画誌を中心に活躍中。
70年代の東北を舞台に描いた『エデンの東北』(竹書房刊)は、1989年から2021年現在も不定期連載中。
その他ドラマ化で話題となった『ハガネの女』(集英社刊)、『カンナさーん!』(集英社刊)など漫画、絵本、エッセイの著作物多数。

「2021年 『夜廻り猫2022 卓上週めくりカレンダー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

深谷かほるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下奈都
森見 登美彦
平野 啓一郎
羽海野 チカ
辻村 深月
恩田 陸
ヨシタケシンス...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×