狼の口 8巻 (ハルタコミックス)

著者 : 久慈光久
  • KADOKAWA (2016年11月15日発売)
4.05
  • (7)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :76
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047343214

作品紹介

ウーリ、シュヴァイツ、ウンターヴァルデン。森林三邦の戦いはいよいよ決戦の地「モルガルテン」へ…! 山と湖にはさまれた隘路(あいろ)にて、史実モルガルテンの戦いが描き起こされる。攻め寄せてくる騎士+歩兵のハプスブルク軍! 対するは武器と闘志と怒りに包まれた山岳の農民兵たち! 「敵に屈服を強いられて生きてきた昨日には、絶対に後戻りしない」。久慈光久が描く、空前絶後の中世叛乱活劇(メディーバル・リベリオン)、ついに単行本最終巻へ!

狼の口 8巻 (ハルタコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全編通して英雄的な主役が不在、登場人物への思い入れをしづらい点がモヤモヤしていたが、あとがきを読んで、歴史物を描きたかったわけではなく、歴史は題材として借りて、人々の必死狂乱ぶりを表現したかったという事のようで、視点を寄せさせない漫画だったのかな?と納得。

  • 完結

  • スイス独立を描いた作品。1巻から最終巻まで一気に読みました。最初にこの作品に触れたのは雑誌でォルフスムントに対して攻撃しているところからだったので、初期の絶望感があまりにも絶望過ぎて、そのためにより残虐描写が重くのしかかってきて、これ絶対に独立できないだろと思ってしまいました。

  • かの国がどれほどの血を流し、それが故に国民皆兵の国として誕生したか。
    ストレスとカタルシスの値がいずれも実に大きく、読むと大きく疲労する、というか心にダメージを負う。読む人を選ぶが傑作と言える全8巻。

  • まとめて、1~8巻分をレビュー。

     8巻は新書で買い。
     あとは古本屋にて購入。
     近場も、オアゾも置いてなかったので。


     とにかく。
     主役はお代官様でした。
     死んで、すぐに悪夢の主役として登場。
     そして、最後の最後でも、まさかの登場。

     びっくりしたよっ。



     この話は、モブに人格を与えて、名前を与えて殺していく。
     主役を張る若い男女、親子、女、が、拷問され、むごたらしく殺されていく。
     お代官様、神出鬼没で、いつ眠っているのかわからん。冬山をプロっぽい連中が重装備で関所越えしてるのに、なんでそんな軽装で待ち伏せできるのか・・・。

     砦(関所)を攻められても、いつでも対応。即対応。いつ寝てるんだ、本当に。
     すごく優秀なんだろうな、人を絶望させて殺すことにかけては、無駄なぐらいっ、天才。

     そんな彼も、たくさんの死者を作りだして、ひどく苦しい拷問みたいな処刑をされ。さらされた。

     その後、まだつづく独立戦争。

     200人以上の死者。
     それに顔、性格、名前などをちょこちょこ与えていく。
     それが無残にあっさりと、容赦なく殺されていく。
     おとりとして。自分たちがおとりだと、わかっていて。

    「英雄」。一人ひとりが英雄です、と主役クラスの少年が言ったが、それを読者にわからせようとした結果が。

     これかぁ。。




     

  • 最終巻ですって

全6件中 1 - 6件を表示

狼の口 8巻 (ハルタコミックス)のその他の作品

久慈光久の作品

狼の口 8巻 (ハルタコミックス)はこんなマンガです

ツイートする