ダンジョン飯 4巻 (ハルタコミックス)

  • 1130人登録
  • 4.31評価
    • (131)
    • (115)
    • (34)
    • (3)
    • (1)
  • 81レビュー
著者 : 九井諒子
  • KADOKAWA (2017年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047344174

作品紹介

ついに炎竜(レッドドラゴン)のいる地下5階に
たどり着いたライオス一向。
鉄をも弾く真っ赤な鱗と、骨まで灰にする炎を吐く強敵を相手に
ライオスは、命をかけた作戦を決行する……!
妹・ファリンは救えるのか? そして、竜の肉を喰うことはできるのか!?
腹ペコダンジョンファンタジー、激闘の第4巻!

ダンジョン飯 4巻 (ハルタコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 話がグッと前進。ここからどんな展開になっていくのか。悲しい話は嫌だな。相変わらず面白い。

  • 本当に素晴らしかった。1巻から4巻にかけて、あまりに豊かなファンタジーの世界が展開されて、すっかり魅了されてしまった。
    妹の救出を目指してモンスターを食べながらダンジョンに潜る物語。最初に示された筋は、シンプルといえばシンプルで、でもその物語を追っていく中に、ものすごく濃密なものが描かれている。モンスターとは何か、ダンジョンとは何か、死、蘇生とは何か、ロールプレイングゲームが残してきた余白を、天才的なイマジネーションによって塗りつぶしていく様、そのものが感動的だった。

    こんな素晴らしいものが読めて本当によかった。

  • 面白かった

  • ついにレッドドラゴンと対決。
    食べられたファリンの運命は?
    きょうだい愛が麗しい。
    そして、忍び寄る黒い影…?

  • 地下5階、ついにレッドドラゴンと戦う事になったライオス一同… 今回は魔物のダンジョン飯よりも戦いがメインに。ちょっとドキドキする展開だし、ファリンの蘇生術も何気にダーク感があったし、でもなんとかファリンを救出できて良かった。ただ不穏な空気を醸し出す最後に気になりますね。感謝のお借り本。

  • 戦いがリアルな重力感あるw
    迷宮の謎とか次の展開も見えてきたし面白い

  • ついにレッドドラゴンと対峙するライオス一行。
    大いなるバトルが主の4巻です。
    ライオスとファリンの過去。
    やっぱ持ってたか・・・ドワーフと言えばミスリル!
    チルチャックの機転。
    実は凄いマルシルの魔法!
    そしてライオスの奮闘!!
    いやあ良かった、めでたしめでたし・・・え?
    地上では迷宮の謎を巡って新たな展開の予想。
    や~面白かった!
    しかし、作者のスキル・・・栄養学・環境問題
    ・・・そして今度は解剖学ですか~!おかげで知識たっぷり♪

  • ついにレッドドラゴンと対峙ッ!

    料理要素が少ないものの、純粋にRPGモノとして楽しめる。

    ドラゴンの肉は硬そう。

  • ハルタ未読。
    飯が気になるよりは、話の展開がこの先どうなるのか気になる。
    ダンジョンの奥に、見たことのあるエルフが出て来たり、パーティにもどった妹がやたら強力だったりで、どんななるのか楽しみ。

  • ファリン!!!!!!!

全81件中 1 - 10件を表示

ダンジョン飯 4巻 (ハルタコミックス)のその他の作品

九井諒子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ダンジョン飯 4巻 (ハルタコミックス)に関連する談話室の質問

ダンジョン飯 4巻 (ハルタコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする