ヒナまつり 12 (ハルタコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.13
  • (16)
  • (21)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 222
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047344228

作品紹介・あらすじ

現代の東京に流れ着いた、3人のサイキック少女・ヒナ、アンズ、マオ。
ヒナは女子高校生、アンズはラーメン屋台店主、マオはフィットネスインストラクター。
チカラを隠し日常を生きる少女たちに危機が迫る……!
サイキック少女たちのスーパーパワーが炸裂する、第12巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おにいちゃん決して強くはないんだね.マミは馬鹿でマオは悩んでて(ちょっと引くけど)アンズは慕われてるなぁ.新田は操られっぱなしでした.もうこの巻で打ち切ろうかなぁと思ったんだけど,やっぱり面白いわ.

  • 面白くて飽きずに楽しめる。アンズに対する新田のビンビンな父性、嫌いじゃない。

  • あれ!? 未来から来てたの!? こんなにはっきり言ったのはじめて聞いた気がする、未来から来たって……忘れてただけ? イカルガさんとかも? この時代にヒナたちのママやパパがいるかもしれないってこと!? そして、安定のお涙担当アンズ。そういえば、瞳の隣にいる林の反対側の眼鏡の男って、まさか瞳パパじゃないよな? 言及されてないから、わかんなかったよ。おかっぱ少年はやっぱり未来から来たのか?

  • 時々破壊力のあるギャグがある、でも2巻に1回ぐらい

  • 現代の東京に流れ着いた三人のサイキック少女、ヒナ・アンズ・マオ。
    ヒナは女子高生、アンズはラーメン屋台店主、マオはフィットネスインストラクター。
    チカラを隠し日常を生きる少女たちに危機が迫る…!

    今回も面白かったな。
    ヒナのチカラで無敵(に見えるだけ)な新田がどんどん誤解されていってて笑う。勝手に動かされるからそりゃあ身体的には負荷しかないだろうよ。それでも平静を装えるだけ新田はたいしたもんだと思う。
    マオはここでついにカミングアウトしたけど…まぁそうなるわな。超能力だけじゃなく未来人とか、完全にやばい。
    アンズはもう本当に、この中で一番常識人になったなぁ。努力して自立して素直で…天使か。

  • 相変わらず最初から最後まで爆笑
    巻を重ねるにつれてホロリと人情噺が挟まることが多くなってきたが
    この巻の終わりではシリアス展開に進みそうな気配を見せた。

    んー、ジャンプでも急にバトル漫画に変貌するギャグ漫画というのはあるが
    ヒナまつりでそういうのはどうなんだろう。

    少し不安がある。

  • すっかりヒナちゃんは勿論、周りの人も面白い作品に仕上がってきたなあ。
    とはいえ、やっぱり新田さんとヒナちゃんのコンビが面白いことに気づかせてくれた巻でした。
    相変わらず翻弄されてるw

  • 社長!

  • 正直や素直つて美徳かもしれないけど社會で生きていくには不利益かもしれない
    なぜかヒナが常識人に見えて恐ろしいいや、登場人物達が異常な正直者揃ひなのだと思ふ

  • この漫画で一番面白いの新田だと思う。今更だけど。

全20件中 1 - 10件を表示

大武政夫の作品

ツイートする