大人スキップ 1 (ビームコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
3.63
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 52
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047344877

作品紹介・あらすじ

日野希子、14歳、中学2年。事故で眠り続けていた彼女は、目覚めると40歳になっていた! 中身は子供のまま、見た目は中年になった希子。果たして「いい大人」になれるのか……っていうか、「大人」って一体何だ!? 『ママゴト』(NHKBSでドラマ化)『私を連れて逃げて、お願い。』の著者が、大人になり損ねたすべての人たちへ贈る、不条理にして奇跡的な突貫成長コメディ、スタート!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 14歳で眠り続けて、目が覚めたら突然40歳。
    人生をスキップしてしまったキコの成長物語です。

    大人になるってなんだろう。
    夢も希望も諦めて、社会に適応することか?
    幸せってなんだろう。
    定職があり、家庭を持つことか?
    松本洋子の作品は説教臭くなることなく、感動の押し売りでもなく、こんな生き様もありだよと伝えてくれる。
    苦い笑いをこめながら。
    傑作です。

  • 少女が長い眠りから覚めると中年になっていて社会に出ようとするが…という話。
    よく有りそうな話だがラストといい印象的な作品。

  • さすがです。いつもながらに読むのが辛い漫画です。続きが気になります。いとこの「違うかー」っていう場面、場末のスナックでおじさんおばさんがよく言うギャグ、いかにも言いそうな人で、うまいなと思いました。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

大阪生まれ、広島県福山市育ち。初めて描いた作品『薫の秘話』が第27回ちばてつや賞大賞を受賞し、95年『モーニング』でデビューする。以降、『秘密の花園結社 リスペクター』『人生カチカチ山』『まほうつかいミミッチ』『相羽奈美の犬』などの作品を幅広い媒体で発表し、2003年刊行の『赤い文化住宅の初子』は、2007年にタナダユキ監督により実写映画化され大きな話題を呼んだ。なお『ママゴト』は、第15・16回文化庁メディア芸術祭の審査委員会推薦作品に選出されている。

「2017年 『大人スキップ 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大人スキップ 1 (ビームコミックス)のその他の作品

松田洋子の作品

ツイートする